ブログ

Blog

引き寄せという便利な言葉を活用しよう

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は引き寄せについてお話したいと思います。引き寄せというと皆さんは何を思い浮かべますか?今この記事を読んでいるほとんどの方は「引き寄せの法則」を思い浮かべるでしょう。

通常でも引き寄せというと引き寄せの法則を思い浮かべる方が多いと思いますが、カウンセラーの私が書くこの記事を読もうとしている方は、「引き寄せ」+「カウンセラー」=「引き寄せの法則」という思考が働きます。これも一種の引き寄せです。

引き寄せの法則は「なりたい自分になるための法則」「なりたい自分を引き寄せる法則」となっており、誰もが使えるかというとそうではありませんし、使いたいと思うかというとそうでもありません。

しかし、引き寄せという言葉は非常に便利な言葉です。引き寄せをイメージすると自分らしく生きる環境を築くことができるのです。その理由を解説していきます。

目次

理想の集団を作るための引き寄せ

理想の集団を引き寄せ

昔から言われている言葉として、「人に優しくすると自分に返ってくる」というのがありますよね。これは言い方を変えると、「人に優しくできる人の周りには人に優しくできる人が集まってくる」ということになります。

少し過剰解釈かもしれませんが、人に優しくすると自分に返ってくるということは、自分の周りに人に優しくできる人がいるわけです。

つまり、人に優しい集団に自分が属したいと思えば、まずは自分が人に優しくすることです。引き寄せの法則とは違いますが、これも立派な引き寄せです。

自分が求めているものを手に入れる引き寄せ

自分が求めているものを引き寄せ

人は自分が求めているもののことを多くの時間考えます。これは社会では「アンテナを張る」と言います。例えば医療機関に対して営業する営業マンは、街を歩いている時、車を運転している時、病院の看板に目がいきます。これは病院に対してアンテナを張っているためです。

日常生活の中では、例えば「お腹が空いた、ラーメンが食べたい」と思うと、ラーメン屋の看板ばかりが目につくようになります。こういったことはたくさん経験されていますよね。

つまり、自分が求めているものを強く意識しながら生活すれば、自分が求めているものに遭遇する可能性がぐんと上がるのです。もう1つ例を挙げると、ビジネスパートナーとして○○のスキルがある人を見つけたい、と思って異業種交流会などに参加すると、○○のスキルを持った人と偶然知り合う、ということも決して珍しいことではありません。偶然が必然になるのです。

まとめ

引き寄せについて書いてきましたが、いかがでしたか?引き寄せの法則を実践しようとなるとハードルは高いと感じる方も多いと思いますが、もっと簡単に引き寄せを活用することができるのです。

自分が求めているものを手に入れる引き寄せは、求めているものを意識していることを意識する、ことが大切です。ほとんどの方は、求めているものを意識する、アンテナを張るということは実践しています。その上、アンテナを張っていることを意識することが、強く意識することに繋がり、引き寄せることができます。

言葉にはメッセージが込められています。そして、イメージさせてくれるものです。「引き寄せ」という言葉も眺めていると、イメージが頭の中に浮かんでくるようになると思います。そしてそれは自分にとってプラスのイメージのはずです。

自分自身にとってプラスとなる言葉はいろいろでしょう。是非言葉のメッセージをイメージして、自分の中に取り入れるようにしましょう。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ