ブログ

Blog

気づきを得るきっかけを電話カウンセリングで

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「気づきを得るきっかけを電話カウンセリングで」というお題でお話していきたいと思います。カウンセリングサービスを利用することで得られる成果の1つに、「気づき」があります。

「気づき」とは、考え方、捉え方、見方を変えると見えてくるもの、と言えます。つまり、主観的視点では見えていないものに客観的視点を加えると見えてくるものと言えます。

カウンセリングは、カウンセラーが客観的視点となって相談者様の気づきをサポートする、というものです。そして、気づきを得るためのカウンセリングは、電話カウンセリングが適していると言えます。

では、なぜカウンセリングを受けると気づきを得ることができるのか、そして電話カウンセリングが気づきを得ることに適しているのかという部分について、詳しく解説していきたいと思います。興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.カウンセリングはドライなもの

カウンセリングというと、共感してくれて心が温かくなるもの、というイメージがあるかもしれません。確かに共感しますが、それは相談者様の感情に対してのみ共感しています。

例えば、彼氏が2年以上二股をしていてその相手と結婚すると言われて振られたという話があり、それに対して相談者様が怒り悲しんでいるとします。その場合、カウンセラーは相談者様の怒りや悲しみを感じていることに共感はしますが、事柄に対して怒りや悲しみを感じているわけではありません。極端な言い方をすると、この場合の彼氏の行動に対しての自分の感情、主観は一切持たないということです。

そうすることで、フラットな気持ちでなぜ彼氏の行動に対して怒りや悲しみを感じているのか、そしてこの先どうしていきたいのかを相談者様に問うことができるのです。

その問いかけの中で、相談者様は怒りや悲しみの本当の原因について考えるようになります。世間一般でよく言われる言い方をすると、冷静になって今回の出来事の一連を振り返る、ということですね。

すると、彼氏の行動や言動を思い返すことができ、その中で得た気づきによって結果的にこの彼氏と結婚しなくて良かった、と思えるようになりスッキリする、という流れが出来上がります。

カウンセリングはドライだと述べましたが、相談者様がドライだと感じているカウンセリングは上手くいっていません。カウンセラーはドライに、相談者様はほっこりするという感覚になっているケースが上手くいっているパターンですね。

ここで述べている「ドライ」というのが、カウンセラーの専門スキルだと思って頂けると良いかと思います。そしてそのスキルによって新しい気づきを得るきっかけが作られている、だから気づきを得たい時はカウンセリングが効果的だと認識してもらえると嬉しいですね。

2.電話カウンセリングが適している理由

電話カウンセリングでは、その名の通り電話にてカウンセリングを行うものです。直接お会いするわけではありませんので、声と基本的な情報、年齢(聞かないケースもあります)や性別しか情報がありません。

しかし、見た目や雰囲気による情報がないということは、先入観を持つことがないというメリットに繋がります。カウンセラーと言えども、やはり得られる情報が多いと先入観を持ってしまうこともあります。先入観を持つことがない方が、より客観的な視点で相談者様に問いかけを行うことが出来ます。

気づきを得るきっかけには客観的な視点での問いかけが非常に重要になりますので、電話カウンセリングが適している最も大きな理由になりますね。

あともう1つは、相談者様も対面だと言いにくいことでも電話なら言いやすい、というメリットもあります。私は特定の悩み専門ではありませんので、様々な内容の相談を受けています。その中にはここでは書けないような内容も少なくありません。

そういった内容は、カウンセラーには守秘義務があると言っても、その前に面と向かっては話しにくいものです。話しにくい内容をしっかりと話すことが出来ないと、気づきを得にくくなります。

どんなことでも顔が見えないから言いやすい、という電話の特性は、気づきを得るために出来事や感情を全て吐き出し整理することに向いていると言えるでしょう。

まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「気づきを得るきっかけを電話カウンセリングで」という内容でお話してきましたが、いかがでしたか?

今回書いた内容が、私がカウンセリングサービスを電話で行おうと思った主な理由になっています。最近ではZoomなどオンラインでカウンセリングができる環境も充実してきているため、オンラインでのカウンセリングも増えてきています。

しかし、私のカウンセリングの特徴を踏まえると、電話の方が適しているという結論に至りました。もちろん、リピーター様の中でオンラインを希望されることがあれば個別に応じるケースもあるとは思います。ただ、オンラインを一般サービスとして提供することは考えておりません。

電話カウンセリングの特性を踏まえた上で、それだったら電話カウンセリングを受けてみたいと感じる人がいましたら、是非当サイトをご利用ください。予約管理など全てLINE公式アカウント内で行っていますので、非常に簡単になっています。皆様のご利用をお待ちしています。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ