ブログ

Blog

心の火種

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は【心の火種】というテーマでお話していきたいと思います。火種というと点火する際に起こす小さな火のことです。火種がないと燃やすことができません。

私はカウンセリングを行う際に、ご相談者様の【心の火種】を意識しています。目に見えないものではありますが、話す時の声のトーンや話し方、話の内容などで、【心の火種】がどのような状態であるかを把握し、それに合わせたカウンセリングを行なっています。

では、【心の火種】とは一体どのようなものなのでしょうか?私が意識していることを説明することで、何となくイメージしてもらえたらと思っていますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.【心の火種】を消さないように

【心の火種】とは完全一致ではないかもしれませんが、やる気意欲と表現すると分かりやすいかもしれません。つまり、前向きに頑張れている状態というのは【心の火種】が大きくなっている状態と言えます。

そして、【心の火種】が大きくなることで周りにも燃え移り、やる気意欲に満ち溢れた精力的に活動している環境が出来上がっていく、そんなイメージをして頂くと良いですね。

逆に、【心の火種】が小さくなっている人もいます。これは、仕事やプライベートの中でネガティブなことが起きることによって、やる気意欲が失われつつある状態を指します。ネガティブな思考になってしまい、なかなか前に進めない、行動できない状態になっているイメージですね。

もちろん望ましいのは【心の火種】が大きくなっていることですが、【心の火種】は常に大きくなったり小さくなったりします。それ自体は問題ありませんが、この変動が頻繁に繰り返しすぎてしまう人は、何に対してもモチベーションを維持するのが難しい人と言えるかもしれません。

そして、【心の火種】が小さくなってしまった時には、最も大切なことは消さないことです。【心の火種】が小さくなった時に無理に精力的に活動しようとすると消えてしまいます。実際に小さくなった火種を動かしたり強い風を送ると消えますよね。まさに同じようなイメージです。

【心の火種】が小さくなってしまっている時というのは、心が弱っている時です。心が弱っている時はゆっくりと休み、まずは【心の火種】が通常の大きさに戻る、心が安定するまで待ち、それから次の行動をすることが大切と言えるでしょう。

2.【心の火種】が消えてしまった時は?

【心の火種】が小さくなっている時は心が弱っている時と説明しましたが、では【心の火種】が消えてしまった時というのはどのような時なのでしょうか?

それはメンタルに不調をきたした状態、もっというと精神疾患を患った状態と言えます。一番分かりやすい例を挙げるとうつ病ですね。【心の火種】が弱くなる過程で抑うつ気分、弱くなった状態が続いているのが抑うつ状態からうつ病、そして全く活動ができない重度のうつ病というのが、【心の火種】が消えた状態と言えます。

【心の火種】が消えてしまったとしても、もちろん再度点火することはできます。ただ、そのためにはより多くの時間が必要になるケースが多いです。なので、【心の火種】を消さないために、早期の心のケアが大切と言えるのです。

【心の火種】という表現は、自分自身の心の状態を把握する1つのツールとして適していると思います。心は目に見えないものですので、目に見えないものをいかにイメージできるようにするかが、心のセルフケアにおいて重要になってきます。

自分自身で心のケアを完璧に行う必要はありませんが、心の状態を気にする習慣は持っておいた方が良いです。そうすることで、実際に心が弱ってしまった時にすぐに気づき、カウンセリングなどのメンタルサービスを受けることができます。

心の問題は誰にでも起こりうることです。忙しい中でも少し立ち止まって自分の心と向き合うようにしましょう。

3.感じ取った【心の火種】へのアプローチ

冒頭で、私はカウンセリング時にご相談者様の【心の火種】を意識していると述べました。意識するポイントは当然ながら【心の火種】の状態がどうあるかですが、カウンセリングを受けられる人は【心の火種】が小さくなっている場合がほとんどです。では意識しているポイントはどういったことになるのでしょうか?

それは【心の火種】を大きくできる状態なのか、それとも消えないように見守る状況なのか、ですね。前向きになれるようになるためにカウンセリングを受ける場合があれば、少しでも気持ちが楽になれればと思ってカウンセリングを受ける人もいます。

ただ、ご相談者様自身で説明ができるケースはほとんどありません。ここがポイントであり、私は心理カウンセラーに説明して欲しいからカウンセリングを受けている、という認識をしています。

カウンセリングの中では、まずはご相談者様の【心の火種】の状態を共感し、それぞれに適したアプローチをするようにしています。そして、最終的にご相談者様が自分自身の心の状態について説明でき、今すべきことを整理できた状態を目指しています。

4.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

【心の火種】というテーマでお話してきましたが、いかがでしたか?自分自身の心の状態に目を向けることは大切ですが、実際に目に見えるものではないため難しい側面がありますよね。それをイメージしやすいものにしたのが、【心の火種】です。

心の問題は、カウンセリングなどのメンタルサービスを利用することで対処することはできますが、最終的にはセルフケアが非常に重要になってきます。心の状態の変化に気づき適切な対処方法が取れる、これができると心の問題が深刻化することを防ぐことができます。

リ・ハートでは、最終的にはセルフケアができる状態になることを目標としてメンタルサービスを提供していますので、自分自身で心と向き合うことができるようになっていきます。興味のある人は是非ご利用ください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ