ブログ

Blog

水を得た魚

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「水を得た魚」というテーマでお話していきたいと思います。今回の話の中ではどうでも良いことですが、「みずをえたうお」と読むらしいですね。ついつい「みずをえたさかな」と読んでしまいがちです。

「水を得た魚」とは自分の得意分野において生き生きとしている様子を指しています。電話カウンセリングを利用される人の中には、自分自身に自信が持てない人が多くいらっしゃいますが、話を聞いていると得意分野、自信を持っている分野の話がぽろっと出てくることがあります。

悩みを抱えている人の多くは、自分に自信がなく自分には何もないと思っていらっしゃいます。確かに、人に自慢できるようなスキル、能力を持っている人は少ないかもしれませんが、人よりちょっとできるかな、と思えるスキルや能力は何か持っているものです。それに気づいているかどうかです。

ここでは「水を得た魚」になれるように、自分自身の得意分野、生き生きとしていられる場を見つけるために必要な行動、思考を解説していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.自分自身の棚卸をしてみる

自分のことは自分が一番分かっている、よく耳にするフレーズです。しかし、本当に自分のことは自分が一番分かっているのでしょうか?答えはイエスでもありノーでもあります。本当に自分のことを分かっている人は案外少なく、多くの人は分かったつもりになっているという表現が適切かもしれません。そして、現実社会で上手くいっていない人ほど、この傾向は強くなります。

「現実社会で上手くいっていない自分に得意分野なんてあるわけがない」
「得意分野なんてない自分に現実社会で上手くいくわけがない」

鶏がさきか卵がさきかみたいな話になってしまいますが、現実社会で上手くいかない理由付けに得意分野がないことを利用していると言えるでしょう。だから仕方ないと思うことで、今の現実社会に折り合いをつけているのです。

しかし、それでは現実社会に対して諦めの中で生活していることになり、生き生きと生活することはできません。そういった人は、一度自分自身の棚卸をすることをお勧めします。自分の今までの幼少期からの環境を書き出し(学歴や職歴など)、その時にどういったことを好んで行っていたかも書き出すようにしましょう。大きなスキルである必要はありません。特に見落としがちなのは子供の時に夢中になっていたことなどです。仕事に関係ない、と感じるかもしれませんが、ヒントになる可能性がありますので、全て書き出しましょう。

思い出す作業を自分でするのが難しいと感じている人は、カウンセリングを活用すると良いでしょう。リ・ハートでは電話で気軽に対応できますので、やってみたいと思われた人は是非ご利用くださいね。

2.棚卸した内容を現実に落とし込む

棚卸した際に、すぐに行動に移せる得意分野や特別なスキルがある場合は珍しいです。というのも、そういったものがすぐに見つかるのであれば、すでにやっているからです。多くの場合が、現実社会に繋げることができるかもしれないちょっとした得意分野やスキルが見つかる程度です。そう言えば・・・、という感じですね。

しかし、それが見つかるだけで現実社会にちょっとしたスパイスを効かせることができるかもしれませんし、自分がしたいと思えることを見つけることができるかもしれません。ちょっとしたきっかけによって生活が一変することもあるのです。

棚卸して自分の得意分野やスキルを把握した上で、現実社会にどのように繋げることができるかも考えてみる、これが落とし込むということです。この作業はできれば自分以外の第三者と一緒に考えることができると良いですね。どうしても自分一人で考えると、様々な視点から見ることができず上手く落とし込むことができない可能性が高くなります。

第三者で一緒に考えてくれる人がなかなかいない場合には、カウンセリングを利用するのも1つですね。心理カウンセラーに自分の棚卸を聞いてもらうだけで、現実社会と自分の得意分野の接点が見えてきたり、大きな気づきを得ることもあるでしょう。こういった内容は対面カウンセリングよりも電話カウンセリングの方が、手軽に内なる声に耳を傾けることができるため適していると言えます。気になる人は是非一度リ・ハートを利用してみてくださいね。

3.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「水を得た魚」というテーマでお話してきましたが、いかがでしたか?自分自身が気づいていない得意分野やスキルに気づき、それを現実社会に落とし込むことによって生き生きと仕事や日常生活を送ることができるようになる、という内容でした。

現実社会に不満がある、楽しくないといった状況になっている大きな要因は、自分の得意分野や好きなことで勝負できていないためです。そういったものはない、と思っている人も多いと思いますが、過去に遡って振り返ると案外そそう言えば・・・、という内容があるものです。1つ1つのそう言えば・・・、は大したことないかもしれませんが、組み合わさると現実社会における自分自身を大きく変えることができる原動力になり得ます。

また、過去を遡って考えたことはあるが何もなかった、という人もいると思います。そういった場合も、過去の遡り方や誰と一緒に遡ったかによって気づきが変わってくる可能性があります。リ・ハートではあなたの可能性を最大限に引き出すサポートを全力で行っています。諦める前にご連絡お待ちしています。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ