ブログ

Blog

人生が変わる電話カウンセリングの活用法

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「人生が変わる電話カウンセリングの活用法」というテーマでお話したいと思います。

カウンセリングを受けるというのは、目の前の問題を解決するため、という認識があるかもしれませんが、カウンセリングは短期的なスパンではなく中長期的なスパンで考える方が、より多くの効果を得られる可能性があります。

カウンセリングを受けることによって人生が変わることだってあります。その中で、電話カウンセリングの場合はどのような使い方をすると効果的なのかという点にフォーカスして、解説していきたいと思います。興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.ちょっとした悩みを気軽に相談

電話カウンセリングの最も大きな利点は、悩み事が発生した時にすぐに相談できることです。対面カウンセリングになると、どうしても数日前に予約が必要になることが多いですよね。電話カウンセリングの場合は当日の受付も可能になっているところが多いです。ちなみにリ・ハートでも30分前まで予約が可能になっています。

ちょっとした悩み事を相談したい、話を聞いて欲しいと感じた時には、数日後の対応ではなく、その日のうちに対応してもらいたいものですよね。数日後にいざカウンセリングを受けるとなると、もう受ける必要ないかなってなってしまいます。それぐらいのことであればそもそもカウンセリングを受けなくても良いのでは?と思われるかもしれませんが、こういった場合にカウンセリングを受けたことによって数日間の過ごし方が違っているケースが多いのです。

ちょっとした悩みをタイムリーに相談し、スッキリした状態で次の日を迎える、気持ちの切り替えができていることで、新しい一歩を踏み出すことができるのです。1つのことであれば数日だけですが、これを繰り返していくとそれこそ1ヶ月、1年10年という年月の違いが生まれてきます。それだけの日数をどのように過ごしたか、人生が変わる気がしますよね。

もちろん、ちょっとした悩み事を毎回電話カウンセリングを活用することは、コスト的に難しいでしょう。しかし電話カウンセリングは活用する中で、自分自身のメンタルのセルフケアができるようになりますので、ずっとちょっとした悩みを相談する必要はないのです。

人間は経験値によって対応力が上がっていく生き物です。経験値を上げていくためには、悩み事とも向き合わないといけません。その向き合い方を電話カウンセリングを活用することで身につけることができます。

2.顧問カウンセラーとして活用

電話カウンセリングは定期的なカウンセリングが受けやすい形態です。自宅で受けることができますし、予約の変更なども簡単に行うことができるためです。こういったことから定期的にカウンセリングを受ける、顧問カウンセラーには電話カウンセリングが適していると言えます。

顧問カウンセラーのメリットは、同じカウンセラーに対応してもらうことで、継続的に悩み事に対する向き合い方を見つめ直していくことができることです。人それぞれ人生の背景が異なりますし、性格や置かれている状況も違います。そういった中で、顧問カウンセラーとして同じカウンセラーがずっと対応してくれるのは、大きな安心に繋がりますよね。

対面カウンセリングになると、生活の変化や居住地の変化などによって、継続が困難になってしまうことがあります。中長期的に顧問カウンセラーとして対応してもらうためには、電話カウンセリングが最適だと言えるでしょう。

顧問カウンセラーがいるだけで大きな安心に繋がり、人生が大きく変わる可能性がありますよ。

3.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「人生が変わる電話カウンセリングの活用法」というテーマでお話してきましたが、いかがでしたか?

電話カウンセリングの大きなメリットは、気軽にスピーディーに対応してもらえることです。そして、中長期的なプランで顧問カウンセラーとして活用しやすいという点も大きいですね。

日本では顧問カウンセラーという言葉は聞き慣れませんが、海外ではメンタルコーチをつけることは珍しいことではありません。メンタルコーチというとスポーツ選手のイメージが強いと思いますが、ビジネスマンがメンタルコーチと契約しているケースもあります。

メンタル面の変化は行動に大きな影響を与えるということが実証されてきているためです。今後日本でも広がりを見せてくると思います。

カウンセリングと言うとメンタルが弱い人や精神疾患がある人が受けるものと思われがちですが、そもそもメンタルが強い人はそう多くありません。メンタルが強くない中で、如何に日々のストレスに対処していくか、自分自身でコントロールすることで補っているのです。

日々の出来事から自分自身のメンタルをコントロールする、これも1つの能力です。その能力を鍛える方法の1つに電話カウンセリングがあるのです。日々の生活の中で生き苦しさを感じたりしている人は、是非電話カウンセリングを検討してみてください。人生が大きく変わるきっかけになるかもしれません。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ