ブログ

Blog

振り返りと来年に向けて

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

クリスマスを迎えたことで、今年も残すところあと1週間。今日は今年1年の振り返りと来年の目標をこの場でお伝えできる範囲で綴っていきたいと思います。

個人的な内容になりますので、リ・ハートをご利用頂いたことがある人、もしくは記事を読んでくれている人に流し読みしてもらえたら、と思っています。

自分自身の振り返りとして書き残しておこうと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.仕組み作り

今年は私自身の働き方の仕組み作りを行い、ある程度確立できたことが最も大きな成果かなと思っています。心理カウンセラーとしての活動をメインに置きつつ、空いている時間帯の有効活用が課題となっていました。

とは言え、他の仕事を入れてしまうとカウンセリングの時間確保が難しくなるかもしれないと、今までは空いている時間帯では当サイトのブログ記事の作成がメインになっていました。今年の夏頃からオンラインや電話を用いた営業活動等を、カウンセリングが入っていない時間帯で行うことができる体制が整いました。

私は心理カウンセラーではありますが、もともとは人材系、医療系の営業を行なっていましたので、経験を活かした活動もしていきたいと思っていましたので、理想的な仕組み作りができたと今振り返りながら満足感を得ています。

2.事務所設立

レンタルオフィスではありますが、自分の事務所を持つことができたことも大きな出来事の1つです。自宅でもできないことはありませんが、やはり気持ちの面で大きな違いがありました。また、電話やオンラインをいつでもできる環境を整えることができ、全体的にスムーズに進むようになった気がします。

事務所を考えていた時にレンタルオフィスが近くに新規オープンする、まさにタイミングがバッチリでした。そういう流れが来ていたのかもしれませんね。

カウンセリング事業におけるネット集客

カウンセリングを希望されるご相談者様は、ほぼ100%ネット集客によるものです。そしてその核となるのがホームページです。昨年リニューアルをし、見栄えと機能性(予約や決済の簡素化)において大きな成果を得ることができていましたが、今年は更に進化させることができました。

具体的な箇所は割愛しますが、検索順位がアップしホームページのアクセス数が増加したことで、ご相談者様の数も増えました。なかなかカウンセリングを事業の柱として捉えることができない状況が続いていましたが、やっと今後の展望まで見えてくる状態になってきた、という感じですね。

個人的に私自身が自分のカウンセリングに自信が持てるようになったのはリピーターの増加にありますが、特に自信になっているのが不定期なリピーターの人です。半年、1年後にリピートしてくれる、忘れないでいてくれたんだと嬉しくなります。

もちろん、定期的なリピーターの人の存在が最も有り難いです。そういった人が増えていることでも心理カウンセラーとしての自信を深めることができています。副業的なものから個人事業主の事業として、そして組織の事業として、という目標に向かって歩んでいく道を着実に進むことができた1年であったと思います。

4.来年に向けて

リ・ハートの電話カウンセリング

来年はよりカウンセリング事業の拡大を目指していきたいと思っています。まずは更なる集客強化の中で、1日のカウンセリング時間を増やして、個人事業として独立採算が取れるものにしていくことが最低限の目標です。

その上で営業関係のお仕事についても整理していこうと思っています。現状複数の企業様から案件を頂き業務を行なっていますが、自分自身の強みを活かせる仕事はどれなのかが見えてきました。強みが活かせるものについてより難易度の高い仕事に挑戦していこうと思っています。

そして、これは上記内容が理想通り進んだ場合ですが、組織の事業として行なっていきたい構想があります。大枠でいうとメンタルヘルスですが、もっとライトな、そして雇用側の人事コンサルに繋がるようなものを考えています。企業というか医療機関や介護施設対象に考えていますが。

メンタル系のサービスはどうしても日本ではハードルが高いものになっています。徐々にメンタル系サービスの重要性も認知されてきている面もありますが、まだまだ一部です。

もともとはメンタル系サービスの重要性を高めるためにできることを考えていましたが、今は「メンタル系サービスのハードルをいかに下げて使ってもらえるようにするか」という発想に転換しました。

ハードルを下げるためには、導入しやすい料金体系で、メリットが分かりやすく効果が得やすいサービス内容になっていないといけません。また、導入することでイメージが悪くならないことも大切ですね。

この構想はある程度大きなプロジェクトになり、お金や人材、そして社会的信頼も必要になってきますので、まずは個人事業としてのカウンセリングを安定した事業にした後での話です。来年か再来年か...まだ時期は言えないですが、必ずやります。

こういったことを考えていると楽しくなります。思い通りになった1年というわけではありませんが、成長した、上手くいったことを意識すると、来年以降の更なる成長が楽しみで仕方なくなるのです。

今年の振り返りをすると憂鬱になってしまうという人もいるでしょう。1人だと振り返りたくないと思ってしまう場合は、心理カウンセラーと一緒に振り返るのも1つの方法です。リ・ハートでも毎年振り返りのサポートを行なっています。あなたの振り返りをしたいと思った気持ちに寄り添いながらサポートしていきますので、カウンセリングによる振り返りを希望される人は是非ご利用ください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ