ブログ

Blog

寂しい気持ち

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は【寂しい気持ち】というテーマでお話していきたいと思います。今日はクリスマスイブで土曜日ということもあって大いに楽しむ予定の人も多いと思います。その反面、一緒に過ごす相手がいないことで憂鬱な気持ちになっている人もいるでしょう。

ただ、最近ではクリぼっち商戦という言葉も出てきており、1人でクリスマスを楽しみたい人のためのグッズやイベントなども増えてきており、クリスマスというイベントを純粋に楽しむために自分はどうしたいのか、という発想になりつつあります。

この流れは私個人的には良いことだと思っています。人それぞれ楽しいと感じることは違いますし、自分に合った楽しみ方を探そうとするのは素晴らしいことです。

しかし、冒頭でも述べたようにやはり1人であることに関して憂鬱に感じる、【寂しい気持ち】を感じてしまう人も多くいます。いつもは特に感じることはなくても、クリスマスシーズンになると急に寂しくなる、誰でもいいから一緒にいて欲しいと思う、となります。

では、なぜクリスマスシーズンになると【寂しい感情】が全面に出てくるようになるのでしょうか?メカニズムについて説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.固定概念や認知によって引き出される孤独感

クリスマスシーズンになると、街の雰囲気が大きく変わります。クリスマスツリーや電飾が増え、イルミネーションなどを楽しむ機会も増えます。クリスマスというと華やかで賑やかなイベントであって、みんなで、もしくは恋人や家族で楽しい時間を過ごすイベント、というイメージが多くの人の頭の中にあります。

これがいわゆる固定概念です。クリスマスといえばこうすべきもの、ということですね。そして、その固定概念をより意識するように仕向けるものが認知です。クリスマス特有の街の雰囲気などを見ていると、クリスマスの季節がやってきたことと、クリスマスはこうすべきものという固定概念が同時に思い浮かんできます。

そこに自分自身の現状を照らし合わせて、クリスマスシーズンを固定概念通りに過ごせる状況にあるのかどうか、なければ【寂しい気持ち】が湧き上がってきます。

2.【寂しい気持ち】を感じない人

では、クリスマスを1人で過ごすことになる人が皆【寂しい気持ち】を感じているかというとそうではありません。1人のクリスマスを大いに楽しんでいる人もいます。そういった人は、独自のクリスマスの楽しみ方があるのです。

例えば、クリスマスシーズンになるとクリスマス限定のスイーツや料理などがあります。そういったものを自分の好みだけで堪能するというのも1つですよね。例えば恋人と一緒だと自分の好みでお店を選ぶことができないかもしれません。また、女性であれば特に思う存分食べることができないかもしれません。

他にも好きなバンドやアイドルのライブやコンサートに1人で行ったり、共通の趣味の人が集まる交流会に参加するのも良いでしょう。何もしなくても、クリスマスのテレビの特番を見ながらちょっと贅沢なシャンパンを飲む時間を楽しむこともできます。

ここで大切なのは、固定概念に囚われずに自分が楽しめるクリスマスの過ごし方を考えることです。1人=寂しいクリスマスではなく、1人=自分のためだけのクリスマスと捉えることで、【寂しい気持ち】を感じることはなくなります。

3.【寂しい気持ち】にならないために

【寂しい気持ち】は、日々の生活に満足していないために感じる感情です。ここでいう満足というのは本人が感じるものですので、周りから見てどうなのかといった部分は関係ありません。周りから見ると羨ましいと感じるような生活をしている人であっても、【寂しい気持ち】になる人はいます。

満足感とは、その名の通りではありますが心が満たされている状態にあります。心が満たされるためには、自分らしく生きていることが出来ているのか、という点が最も重要になってきます。

この自分らしく生きているというのは現代のキーワードになりつつあり、芸能人やスポーツ選手でも、仮にその道で成功していたとしても苦しんでいる、【寂しい気持ち】を感じているんだろうなという人が増えているように思います。

満足感を感じ、自分らしく生きるために何が必要なのかを見つめ直すためのカウンセリングをリ・ハートでは行なっています。まずは、その気持ちを吐き出してください。どんなことでもしっかりと受け止めながら聴きますので、気持ちが楽になると思いますよ。

4.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

【寂しい気持ち】について説明してきましたが、いかがでしたか?クリスマスを例に出して説明しましたが、【寂しい気持ち】は何か出来事が起こった時にふと感じるものです。なので、感じる人は大きなイベント時だけではなく、常日頃から感じるタイミングはあるはずです。

【寂しい気持ち】を感じないようにするためには、日々の生活の中で満足感を感じることが大切です。満足感を感じるためには、自分らしく生きることが必要です。自分らしく生きることができていれば、ごく平凡な日常生活であっても、【寂しい気持ち】になることなく幸せを感じることが出来ます。

私は、1人でも多くの人に幸せを感じてもらいたい、そこに使命感を持ってカウンセリングを行なっています。その使命感は私自身の自分らしく生きることに繋がっているのです。多くの人の幸せに触れることを心より願っています。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ