ブログ

Blog

ブラボーを使おう

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は【ブラボーを使おう】というテーマでお話していきたいと思います。先日サッカー・ワールドカップで日本は下馬評を覆す活躍を見せ、グループリーグを突破しましたよね。日本がドイツとスペインに勝利する、まさに歓喜の渦でした。

その中で、長友選手が発した「ブラボー」という言葉がメディアを賑わせています。この言葉は最上級の褒め言葉ですが、なぜこれ程までに話題になるのでしょうか?それは、日本ではあまり使わないからです。

「ブラボー」という言葉は、雰囲気を変えるだけでなく、メンタルを変える力も持っています。「ブラボー」を使うことでメンタルにどのような変化があるのかを詳しく説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.自分に自信が持てるようになる

日本人は控えめで謙虚と言われますが、悪い見方をすると自信がないので自己主張をしないとも言えます。では、この自信を持つようにする、言い方を変えると自己肯定感を高めるためにはどのようにしたら良いのでしょうか?

その答えが「ブラボーを使おう」です。自己肯定感は周囲に褒められて認められていると感じることで高まっていきます。褒めて伸ばすという考え方がありますが、褒めることで自己肯定感が高まり自信を持って物事に取り組むことが出来るようになるというものです。

そして、自信を持って取り組むということは、出来るはずだと難しい局面に遭遇した場合でも乗り越えるための努力をします。そうすれば自ずと結果が出てきますよね。自信を持つだけでそんなに変わるのか、と思う人もいると思いますが、自己肯定感を高めた上での自信であれば変わります。

ただ、1点注意が必要なのは「甘やかす」のとは違うということです。根拠が全くない「ブラボー」は、プライドだけを高めてしまう原因になります。努力の結果得たものに対して「ブラボー」。これが最も大切なことかもしれません。

2.本番に強くなる

練習では上手なのに試合になると練習のようなプレーができない、こういったことで悩んでいるスポーツ選手は多いと思います。仕事では、ロープレは出来るのに商談では上手くできないという人もいるでしょう。

上記で自分に自信が持てるようになると書きましたが、その自信が本番に強くなる源になります。自己肯定感を高めることによって自信が持てるようになり、自信を持つことで本番に強くなる、という流れですね。

ではなぜ自信を持つことで本番に強くなるのでしょうか?本番に弱い人というのは、極度に緊張してしまったり慎重になり過ぎてしまったりします。その理由が根拠のある自信を持てていないためです。

例えば、職場の中で一番商談件数をこなしている、尊敬する上司からお墨付きをもらえた、などが根拠のある自信に該当します。「これだけやったんだから大丈夫」「尊敬する○○さんに褒められたから大丈夫」という揺るぎない自信が、本番で臆することなく堂々と実力を発揮することができ、望み通りの成果を得ることが出来るのです。

根拠のある自信を身につける時に大切なことは、あくまで「自分軸」で考えることです。自分の目指す現実的な目標の中で、優れているものを探して磨き、尊敬する人に認めてもらい褒めてもらう。「ブラボー」と言ってもらえればそれが揺るぎない自信になります。

もちろん、簡単なことではありませんし、認めてもらうためだけに頑張ると自分が思い描いたイメージと違った場合に不満を感じてしまうかもしれません。誰かに認めてもらわなくても、気がつけば自己完結で自信が持てるようになっているケースもあります。行動を妨げるリミッターをどうやって解除していくか、もし解除できていないと感じている人がいましたら、リ・ハートをご利用ください。

3.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

今回は【ブラボーを使おう】というテーマでお話をしてきましたが、いかがでしたか?正直なところ、無理やり「ブラボー」を使ったため、内容が違うような気がします。本当のタイトルは【本番に強くなる】ですね。

ただ、【本番に強くなる】ための最短ルートは、多くの人から「ブラボー」と言ってもらえることであることは間違いありません。そして、ブラボーの後に、「後はこの部分をこうしたらもっと良くなるよ」といった感じの指導があるとベストですね。多くの人は一生懸命そうしようとするでしょう。

苦手なことを後回しにしてしまう原理は、苦手なことは上手く出来るようになるイメージが湧かないからやりたくない、となるわけです。逆を言うと、苦手なことでも上手く出来るようになるイメージが湧けば後回しにせずにすぐにやりたいとなります。こういったところにも「ブラボー」効果があるのです。

人間には潜在能力があります。年をとると潜在能力はなくなっていくと思われがちですが、それは潜在能力が顕在能力になったためです。つまり、顕在能力として発揮されているものが少ないと感じる人は、まだまだ潜在能力が潜んでいる可能性があるのです。

その潜在能力を引き出す言葉の1つに「ブラボー」があります。言葉の力の凄さを感じながら、私自身もこれからの電話カウンセリングにおいて心を言葉で表現していきたいと思っています。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ