ブログ

Blog

生き様が顔をつくる

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「生き様が顔をつくる」というテーマでお話していきたいと思います。このテーマを選んだ理由は、安倍元総理の銃撃事件にあります。まずはご冥福をお祈り致します。

安倍元総理の政策に対しては賛否両論ありますが、それだけ精力的に日本のために活動頂いたからだと思います。活動がなければこれだけ多くの話題はないでしょう。

安倍元総理の若い頃からの映像をテレビで見る機会がありましたが、安倍元総理の人相は若い頃から穏やかで育ちの良さを感じました。そして、年齢を重ねる中で、より優しさが顔全体に溢れているような、そんな印象を受けました。もしかすると、その優しさを利用されることも多かったのかもしれません。

ここでは、生き様によって顔の印象が変わってくることについて詳しく説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.10代、20代は顔に性格が現れる

生き様という表現をタイトルに使いましたが、生き様とは生きてきた道程のことです。10代、20代に関しては顔をつくる程の道程がありません。その分、性格が顔にダイレクトに現れているケースが多いです。

例えば気性が荒い人や気の強い人は目に現れます。攻撃的な目、もしくはギラギラした目をしています。気の弱い人からすると、あまり目を合わしたくないと感じる、そういった目ですね。

他にも、穏やかそうな人、神経質そうな人、社交的な人、内気な人など、性格が顔を見るとなんとなく分かるという経験をされたことがある人も多いでしょう。もちろん、顔を見れば全てが分かるというわけではありませんが、その人物がどのようなタイプの人なのかが分かれば十分です。

ただ、顔の印象で相手の全てが分かったと感じるのは危険です。性格の分類がある程度できるだけで、顔に現れていない細かな性格面もあります。また、顔の印象で決めつけてしまうことで、誤解してしまいトラブルに発展することもあります。あくまで参考までにとし、深く関わるようになる中で相手のことを直接知っていくことが大切ですね。

2.30代くらいから生き様が顔に現れる

高校卒業後20年位経過しての同窓会に行った時に、顔のイメージが大きく変わった人がいたりします。魅力的になっている人もいれば、逆にどうしてしまったんだろうという人もいます。

これは20代、30代を生きていく中で様々な経験をし、その経験が表に現れていると言えます。もちろん、齢を取ることで白髪やシワが増えたりしますが、そういった外見の変化のことではありません。例えば、学生時代は内気で目立たなかった人が社会人になって仕事で成功し、自信を持つことで社交的になっていたりしますよね。そういったものが顔にも現れるのです。

後ろめたいことがあると挙動不審になってしまい、警官に職務質問されるというのも同じようなことですね。現在の自身の状況がそのまま顔に出るのです。外見を磨くことも大切ですが、内面からにじみ出る人柄というのは日々の生活の中で培われていくものです。どのような人柄になるかはあなた次第です。日々の生活の中で少し意識するだけでも、印象を大きく変えることができます。なりたい自分になる近道と言えるでしょう。

3.表情が生き方を変える?

今回のタイトルでは「生き様が顔をつくる」ということで、生き様によって顔が変化するという内容になっていますが、生き様を変えることはなかなかできないと感じている人も多いでしょう。確かに変えたいと思っているけど変えられない、自分ではどうしようもないという人もいると思います。実際に生き様を変えることは生半可な覚悟でできることではありません。

ではどうするか?自分で簡単にできる努力が1つだけあります。それはなりたい自分に適した表情をつくるようにすることです。毎朝鏡の前で過ごしたい自分の表情をつくってみる、そして今日も1日頑張ろう!とつぶやき1日をスタートするのです。

朝だけではなかなか1日を乗り越えることは難しいと思いますので、トイレ休憩の時に鏡に向かって表情をつくってみる、という行為をしていると、その時につくっている表情が持続するようになります。そして、その表情に適した生き方ができるようになってきますし、環境が表情に合ってきます。

すぐにはそうなりませんが、続けることが大切です。もし、自分だけで続ける自信がない人は、リ・ハートの電話カウンセリングを活用ください。定期的に振り返ることで、確実になりたい自分になるための表情づくりを継続するサポートを致します。

4.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「生き様が顔をつくる」というテーマでお話してきましたが、いかがでしたか?性格が顔に現れる若者から、生き様が顔に現れるようになる中年以降。人生を全うした時にどんな顔をしているか、なりたい自分になれているのだろうか。終わりよければ全て良しではありませんが、最後にどんな顔をしているかでその人の人生が見えてきます。

人生80年の時代、私も折り返し地点に到達しました。自分の若い時の顔と比べると、大分丸くなったように思います。まだまだですが、お会いする人が顔を見るとホッとする、声を聞くと安心できる存在になれるように今後も自己研鑽していく所存です。

環境は自分の力では変えられない、そういった場合はあります。しかし、自分を変えることはできます。ただ、その前に自分はどうしたいのか、どうなりたいのかを明確にする必要があります。そのためのサービスとしてカウンセリングがあります。気になる人は是非リ・ハートの電話カウンセリングをご利用ください。私が全力でサポート致します。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ