ブログ

Blog

【カウンセラーの目】素顔を見せたくない人のメンタル

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「素顔を見せたくない人のメンタル」というテーマでお話していきたいと思います。

人間は感情を全て表に出すわけではなく、自分でコントロールしながら見せたい自分を作り上げることができます。例えば、役者や芸人などはエンターテイナーとしての自分と家庭人としての自分は全く異なっているというケースがあります。作り上げた自分と素の自分、というわけですね。

代表例として分かりやすく役者や芸人を挙げましたが、実際には一般人の中でも見せたい自分を作り上げ、素の自分を隠している人もいます。

ここでは素顔を見せたくない人のメンタルがどういったものなのかについて詳しく説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.素顔を見せたくないとはどういうことか?

素顔と表現していますが、ありのままの自分、分かりやすい例えを出すと「すっぴん」のことです。何も飾ることないありのままの素の自分。

こうやって書くと、素顔を見せたくないというか見せるのが怖い、恥ずかしいと思う人が多いのではないでしょうか?ありのままの自分をさらけ出して、周りの人は受け入れてくれるか心配、これが率直な思いでしょう。

しかし、多くの人は人間関係としての距離感が近くなると、徐々にありのままの自分を見せるようになります。なぜかというと、ずっと飾るのがしんどくなるからです。例えると、ずっと盛大なパーティー会場でお客様をもてなしているような状態です。盛大なパーティーも楽しいですが、一定時間楽しんだら家に帰って部屋着に着替えてくつろぎたいものです。このオンとオフの切替をスムーズに行うことで、メンタル的にも充実した状態を保つことができます。

素顔を見せたくないという思いの強い人は、この切替が上手くできないのです。そして、家族や親しい友人の前でも素顔を見せることができず、ずっと着飾った自分を見せています。これは、自分に自信がないことが大きく影響を及ぼしています。

自分の素顔を見せると嫌われてしまう、受け入れてもらえないという恐怖感を持っていることが原因ですね。この点について次で詳しく説明します。

2.幼少期の受け入れられた経験が大きく影響

幼少期の環境が人生を大きく左右する、これは聞かれたことがある人も多いと思います。素顔を見せたくない人は、素顔を見せると受け入れてもらえないのではないかという恐怖感を感じていると述べましたが、これは幼少期の環境が自分を無条件に受け入れられていると感じることができない環境になっていた可能性があります。

例えば、親の機嫌によって対応が極端に変わっていたため、親の顔色を伺いながら生活していた、という環境で幼少期に生活すると、自分という人間を受け入れてもらえていないと感じるようになります。受け入れられない人間≒駄目な人間と変換され、自己否定が強くなります。

自己否定が強くなると、できるだけ本当の自分を人に晒したくないとなります。結果、素顔を見せたくないという構図が成り立ちます。

自己否定を弱めるためには、自己肯定できるようになる必要があります。なかなか難しい問題ではありますが、カウンセリングが有効な手段と言えます。幼少期の出来事を振り返り見つめ直す中で、自己否定を弱め自己肯定できる部分を見つけ出していくことができます。

3.素顔を見せたくない人のメンタルは遊びがない

素顔を見せたくない人は上記で説明したように、常に緊張感を持って人と接しています。なので、メンタルはどのように状態かというと、常に張り詰めた遊びのない状態になっています。つまり、いつ切れてしまってもおかしくない状態で日々生活していることになります。

ここでいう切れるというのは、メンタルが崩壊する、自分でコントロールできない状態、何かしらの精神疾患に発展することも多いですね。

人間生きていく上で色々な出来事に遭遇します。その中にはメンタル的にきついと感じることもあるでしょう。それを乗り越えるためには辛くても頑張る精神力か上手く対応する適応力、そして心に常に余裕を持って受け流すことができる吸収力のいずれかが必要になってきます。

精神力はメンタルを鍛えなければいけませんし、適応力はスキルを磨く必要があります。吸収力は常に心に余裕がある状態を保つ訓練が必要ですね。どれもすぐにできるようになるわけではありませんが、吸収力を持って上手く受け流すことが最もしやすい対応と言えるでしょう。

こういった内容も、カウンセリングを受けることで解消されていきますので、自分を表に出せないという悩みを抱えている人は、カウンセリングを検討してみてくださいね。

4.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「素顔を見せたくない人のメンタル」についてお話してきましたが、いかがでしたか?

素顔を見せたくない人がどういった状況にあるのかは上記で説明してきました。素顔を見せたくない人にとって最も大切なことは、自分自身を自分が受け入れることです。これができると、常に素顔を見せないようにするのではなく、気を抜く瞬間を作ることができるようになります。

素の自分を全てさらけ出して、その全てを周りの人全てに受け入れられるかというと、そういう人はなかなかいません。つまり、ほとんどの人が素顔を見せない部分も持っているのです。

その上で素顔を見せる時もある、そのバランスでメンタルを安定させています。素の自分をなかなか外に出せなくて苦しい、と感じている人は、リ・ハートの電話カウンセリングで対応していますので、興味のある人はぜひ一度お問い合わせください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ