ブログ

Blog

心の闇と向き合う電話カウンセリング

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「心の闇と向き合う電話カウンセリング」というテーマでお話していきたいと思います。

悩みは人それぞれ様々なものがありますが、悩みの原因は心の闇であることが多いです。心の闇が悩みを引き寄せているという表現でも間違いではないと思います。つまり、心の闇を抱えていると様々な問題、悩みがやってくるのです。

ポジティブに過ごしていると良い出来事が引き寄せられる、そのように言われている人、実際にそうなった人の話もありますが、この原理はプラスの場合でもマイナスの場合でも存在しうる出来事と言えます。

「なんで私だけこんなに不幸なことが起こるの?」というケースはよく耳にしますが、これがまさに心の闇の引き寄せによるものです。こう書くと怪しげな信仰のように聞こえてしまうかもしれませんが、原理と対処法、そこにどのように電話カウンセリングが関わっていくのかはこの後詳しく説明していきますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

目次

1.心の闇とはどういったものなのか?

心の闇という抽象的な表現をしましたが、何となくイメージはしやすい表現ではないでしょうか?だからあえてこの表現を使いました。実際に心の闇とは何なのかというと、幼少期に抱えたトラウマやネガティブな感情(劣等感や諦め、自己否定など)のことです。

大人になってからのネガティブな出来事は忘れてしまったり切り替えることができますが、幼少期の出来事は人格形成に影響を及ぼしていることが多いです。つまり、性格面に大きく関わっているということです。

人を信用できない、ネガティブに考えてしまう、コミュニケーションを取るのが苦手といった性格面があるのであれば、まさにそういったものが影響している可能性があると言えます。

もちろん、もともとの性格面として人見知りであったり積極的に行動することが苦手という場合もありますが、その性格が元となり生きにくさを感じているのであれば、幼少期の環境が原因の可能性が高いですね。

2.心の闇が全くない人間はいない?

心の闇というと抱えていてはいけないもの、誰もが持っているものではなく心の闇を抱えるような出来事を経験した人だけが持っているものと思われるかもしれませんが、実は多くの人が多かれ少なかれ持っているものです。

可愛らしい内容の例を出すと、嫌いな食べ物の嫌いになった理由などがあります。例えばトマトは好きだったけどトマトジュースを飲んだ時に美味しくなくて吐き出してしまった、それからトマトも食べれなくなった(私の実体験)などですね。ちょっとしたことで心の闇は生まれるということです。

ということは、多くの人が小さなことも含めると何かしらの心の闇を持っている可能性が高いのです。しかし、ほとんどの心の闇は得手不得手程度であって、それが生きにくさに繋がるとまではいきません。なので、一般的には心の闇、いわゆるトラウマを感じる人は少ないのです。

実際に心の闇を感じている人は、まずはそのことが特別なことではない、誰しもが心に負う可能性があるものだという認識をすることが大切です。特別なことという認識は傲慢になったり卑屈になったりする要因になります。ポジティブなことであれば自信に繋げていけば良いこともありますが、自分が特別な人間という認識はしない方が、心の健康を保つことになるでしょう。

3.心の闇を電話カウンセリングで明らかに

心の闇の問題を解決するためには、まずは心の闇の存在を明確に認識し、その上で見つめ直すことが重要です。そして、これらのことに役立つのが電話カウンセリングなのです。

電話カウンセリングを活用することで、現在の悩みについてまずは話を聞き、必要に応じて問いかけやフィードバックを行っていくことで、気づきを得ることができます。その気づきを得る中で、今の悩みと心の闇の接点を見出し見つめ直すことで解決方法を探っていきます。

こういったことは、自分1人ではなかなか思うようにできません。客観的な視点で心の闇を見ていかないと、気づきを得ることができないためです。電話カウンセリングの中でカウンセラーが行う問いかけが、心の闇のより深いところまで見つめ直す手助けとなるのです。

4.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「心の闇と向き合う電話カウンセリング」というテーマでお話をしてきましたが、いかがでしたか?

最初から心の闇の存在を意識し、電話カウンセリングで解消しようと思われているケースはそれ程多くありません。どちらかというと、現在の悩みを相談しているうちに心の闇の存在に気づき、見つめ直していこうとなるのです。

心の闇と向き合うことは非常に困難で、勇気がいることです。1人で向き合おうとするとネガティブな辛い気持ちになってしまうでしょう。もちろん、電話カウンセリングでもそうなることもありますが、そうなった場合でも1人ではありません。カウンセラーが一緒に立ち向かってくれます。

リ・ハートでもそういった電話カウンセリング事例も多くなっています。気になる人は是非1度リ・ハートの電話カウンセリングをご利用ください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ