ブログ

Blog

心の波を穏やかにする電話カウンセリング

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「心の波を穏やかにする電話カウンセリング」というテーマでお話していきたいと思います。

日常生活を送る中で誰しもが心の波を感じる瞬間があります。日々海の波の高さが違うように、心の波も日々違います。海の波は吹き付ける風によって変化しますが、心の波は恋愛・仕事・人間関係などのストレッサーという風によって変化します。

この心の波が大きくなると、精神的に不安定な状態になってしまいます。そしてそれが長く続く、頻繁に起きるようになってくると、自分自身でコントロールできなくなってしまう、いわゆるうつ病などの精神新刊を患ってしまいます。

うつ病などの精神疾患は誰しもがなる可能性があるというのは、こういった原理からも言えますよね。ここでは、心の波を穏やかにするためにはどういったことが必要なのか、そして電話カウンセリングがどのような効果をもたらしてくれるのかを説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

目次

1.心の波は大きくなると不安定に

ストレスなどで精神的不安定な状態にあることがあると思います。状況は皆異なっていますが、共通点としては伏線があるということです。伏線というのは、心の波が大きくなる前のちょっとしたストレスですね。

ちょっとした日常のストレスであれば、自分自身でセルフケアもできますしそれ自体で精神的不安定に陥ることは少ないです。しかし、そのストレスを放置した状態、つまり心の波が少し大きくなりつつある状態で、もっと大きなストレスがやってきた時が問題なのです。

例えばブランコの原理と似ています。全く揺れていない状態から揺れ幅を大きくしようとすると最初は大変ですよね。しかし、ある程度の揺れ幅に到達するとそこからは一気に大きな揺れ幅にすることが簡単にできます。

つまり、心の波は一定の揺れまで到達する前に落ち着かせることが大切と言えます。

2.電話カウンセリングで心の波の揺れを理解

心の波の揺れは自分自身で感じることはできますが、なぜ心の波の揺れが起きているのかを理解できていないケースがあります。この出来事によって心の波の揺れが起きている、ということは分かるがその出来事でなぜ心の波の揺れが起きているのかが分からないのです。もしくは分かっていると思っている内容とは違うということも多いです。

心の波の揺れの原因は1人1人違います。同じ出来事が起きたとしても、Aさんは全く心の波の揺れがなく、Bさんは激しく心の波の揺れを感じた、ということもあります。個人個人が、自分はどういったことが起きると心の波の揺れが起きやすいのかを理解できていないことが多いのです。

客観的な視点で自分自身を見つめ直すことで、心の波の揺れを理解することができますが、自分1人で行うのは結構難しいです。この客観的な視点というのはよく使う言葉ですが、客観的とはすなわち第三者の目です。自分のことを自分のこととして見ない、他人を見るような目で見ることが必要になってくるので難しいのです。

しかし、逆をいうと他人を見るような目で見るということは、他人であればそれが簡単にできます。そしてそれをフィードバックしてもらえば良いのです。これを行うサービスが電話カウンセリングです。つまり、電話カウンセリングを活用することで、客観的な視点で自分自身を見つめ直し、心の波の揺れの原因を理解することができ、心の波の揺れを鎮めるための対処法を考えることができるようになるのです。

3.定期的な電話カウンセリングで心の波の揺れを抑える

心の波の揺れの原因を理解することで、心の波の揺れが大きくなる前に鎮めることができるようになると説明しましたが、それでもやはり心の波の揺れを感じる場面は多々出てきます。その都度、大きくなる前に事前の対策として電話カウンセリングを活用すると良いでしょう。

また、定期的に同じ電話カウンセリングサービスを活用することで、今までの経緯も全て把握してもらえますので、連続した電話カウンセリングが可能になります。自分のことを知ってくれていて話を聞いてくれる人がいるという安心感を得ることができます。

その安心感が心の波の揺れを抑制する働きも担ってくれるでしょう。

4.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「心の波を穏やかにする電話カウンセリング」というテーマでお話をしてきましたが、いかがでしたか?

心の波の揺れの原因は1人1人違いますので、まずは自分自身の心の揺れの原因となりやすいものは何なのかを理解することが大切です。そして、理解した上でどのように対処していくのかを考えていく必要があります。

その全てにおいて役立つサービスが電話カウンセリングです。電話カウンセリングでは心の波の揺れを穏やかにしてくれ、自分自身で心の波の揺れを感じた時の対処法も身につけていくことができます。

カウンセリングは中長期的に利用していくことが必要ですが、必ずしも定期的である必要はありませんし、最終的にはセルフケアで対応できることが増えていきます。つまり、カウンセリングの頻度はどんどん減っていくものです。

メンタルケアも仕事をこなしていくスキルと一緒で、取り組んでいく中で徐々にスキルアップしていきます。カウンセリングを受けていく中で実感することでできると思います。興味がある人は是非リ・ハートの電話カウンセリングをご検討くださいね。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ