ブログ

Blog

電話カウンセリングを用いたメンタルヘルス

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は電話カウンセリングを用いたメンタルヘルスについてお話したいと思います。電話カウンセリングは気軽に悩みを相談できることから、仕事をされている人からの需要が高いカウンセリング形態です。

電話やオンラインで予約を取り、その日のうちに自宅にいながらカウンセリングを受けることができる、非常に便利なサービスと言えます。

最近では福利厚生サービスの1つとして電話カウンセリングを導入している企業も存在しています。

目に見えにくい部分ではありますが、メンタルヘルスが生産性アップに繋がるという考え方も広がっており、ただ単に従業員の為といういうわけではなく、しいては会社の業績アップのための施策として取り入れているのです。

ここでは電話カウンセリングを活用することで、メンタルヘルスにどのように繋がっていくか、そしてその効果としてどのようなことが考えられるかを詳しく説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.愚痴を溜め込まないことで気持ちの切り替えが容易に

メンタルヘルスの観点で言うと、これが最も大きな電話カウンセリングの効果と言えます。職場での業務は週休2日制であっても週5日間はこなしていかなくてはいけません。そういった日々の業務に追われる状況の中で、愚痴が溜まっていくことがメンタルに不調をきたす最も大きな要因となるのです。

日々多かれ少なかれ仕事をしていく中で愚痴や不満を抱えることはあるでしょう。自分で上手く対処し次の日には気持ちを切り替えることができれば問題ありませんが、なかなかそう切り替えることができないケースも少なくありません。

そして、愚痴や不満が残った状態で次の日の業務をこなしていると、更に愚痴や不満を感じやすくなってしまいます。するとより多くの愚痴や不満を感じ、それがまた次の日に残り・・・、というサイクルに陥ってしまうのです。最終的には仕事に集中することができなくなってしまいミスが増えてしまったり、怒りやすくなってしまって人間関係のトラブルが増えてしまったりします。

そうなってしまうと、様々なところでの信頼を失ってしまう可能性がありますよね。そうならないために最も大切なことが、日々の愚痴や不満を溜め込まない、次の日に残さないことです。もちろん、電話カウンセリング以外にも対処法はあります。飲みに行ったり趣味に没頭したり、友人に話を聞いてもらっても良いでしょう。そういった対処法がない、もしくはそれでも解消されない時には電話カウンセリングの利用をお勧めします。

2.やる気意欲アップで生産性アップ

愚痴や不満が溜まっている状態になると、やる異意欲の低下に繋がります。愚痴や不満がある状態で、仕事に一生懸命取り組むことは難しいですよね。どんな状況でも仕事に取り組む姿勢が変わらない人がプロだという意見もありますが、なかなかそういかないのが現実です。どうしてもメンタル面が仕事にも影響を及ぼしてしまうのです。

ただ、逆を言えばメンタル面の充実が仕事に良い影響を与える、つまり生産性アップに繋がる可能性が高いと言えるのです。つまり、メンタルヘルスを自分自身しっかりと行っていくことで、仕事にも良い影響が出て職場での評価が上がる、更には昇給や出世に繋がるのです。

電話カウンセリングを受けるためには費用がかかるケースがほとんどですが、そのかけた費用は先行投資である、という考え方もできますよね。実際に海外では専属のコーチやカウンセラーをつけている人も少なくありません。

メンタルヘルスは自分自身でもできることですが、個人差があり得手不得手もあります。自分でしっかりとセルフメンタルケアができているのであれば問題ありませんが、上手くできていないと感じているのであれば、一度電話カウンセリングを検討してみると良いでしょう。

3.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

電話カウンセリングを用いたメンタルヘルスについてお話してきましたが、いかがでしたか?まずは、メンタルヘルスをしっかりと行うことで、仕事やプライベートに良い影響がある、という点を認識することが大切です。その上で自分自身メンタルケアが得意かどうかを考えてみましょう。

そして、実際に日々仕事をしている中で、次の日に愚痴や不満を持ち越していることがあるかどうかを見つめ直してみてください。もちろん、愚痴や不満を持ち越すことが全くない人も少ないでしょう。しかし、愚痴や不満を持ち越すことが多く、日々大きなストレスを抱えている状態であるのであれば、それは危険な状態です。

メンタルケアを行うことで、やる気意欲が向上し結果的に仕事の生産性がアップする、ここを認識するとメンタルケアに対して積極的になれるはずです。自分自身のもっと大きな可能性を潰してしまってはもったいない、この感覚が必要です。

こんなはずではなかった、という気持ちがある人も電話カウンセリングを受けると新しい発見があるかもしれません。是非有効活用してみてくださいね。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ