ブログ

Blog

迷いを断ち切る電話カウンセリングの活用方法

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は迷いを断ち切る電話カウンセリングの活用方法というテーマでお話したいと思います。

電話カウンセリングはどのような時に利用していますか?嫌なことやモヤモヤしたことがあった時、今の生き方に疑問を感じた時、メンタルの不調を感じた時など様々なシチュエーションで利用していると思います。

今回は電話カウンセリングの利用ケースの中で、迷いが生じた時の活用方法に焦点を当てて説明をしていきたいと思います。迷いが生じた時に電話カウンセリングを活用するとどのような効果があるのか、そして迷いが生じた時にどのように電話カウンセリングを利用すると効果的なのか、という点について触れていきますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

目次

1.迷いはなぜ生じるのか

人生において様々な決断を繰り返しながら、歩みを進めていますよね。その決断が正解の場合もあれば失敗の場合もあります。その結果は決断し実行した後に分かりますので、決断しなければいけない時には正解が分かりません。だから迷いが生じるのです。

当たり前の話ではありますが、まずはこの原理を理解し決断をしなければいけない時には迷いが生じて当然だということを認識しましょう。

そして、大きな迷いが生じるケースが2つあります。1つ目は決断する事柄が今後の人生に大きく影響する内容であるケースです。もう1つは、自分が行動することではないことに対して決断する必要があるケースです。

前者は慎重になってしまうことで決断できない、後者は自分が行動するわけではないのでどうなるか分からないためです。

前者では、例えば起業を考えている場合などがありますね。起業する上で様々な準備を水面下で行ってきたが、本当にこれで大丈夫か?という不安が常につきまとい、最後の一歩が踏み出せない、こういったパターンです。

後者では、例えば子供の教育などがありますね。子供に習い事をさせる際に、行動するのは子供であるため、良いと思っても本当に子供がやるかどうかが分からないとなってもう少し様子を見ようとなってしまうパターンです。この場合は、更に高額な費用が発生する内容であれば、前者も加わってなかなか決断出来なくなってしまいます。

そして、前者の場合も後者の場合もすんなりと決断できる内容かどうかの分岐点は、人それぞれ異なってきます。決断力がある人、優柔不断な人といった評価の違いは、このことから生じているのです。

2.電話カウンセリングを利用すると...

電話カウンセリングでは、まずは自分の中にある吐き出したいことを自由に言葉にして電話口からカウンセラーにぶつけます。カウンセラーは相談者様の心の声に耳を傾け、吐き出しやすい空間を作ります。相槌やオウム返し、相談者様の感情を理解し表現するなどですね。

相談者様が心の声を全て吐き出すと、スッキリすると同時に自分自身が何に対して不安に思っているのか、決断できない理由が見えてきます。客観的に自分の決断できない状況を見つめ直すことができるのです。

更にカウンセラーからの問いかけによって心の中を整理することができ、決断することができるようになります。仮に決断ができなかった場合でも、決断できないことを受け入れることができる状態になります。

迷いが生じて決断できないのは苦しいですが、決断できないことを受け入れて前に進む気持ちになれたのであれば、晴れ晴れとした気持ちになります。決断にはいろいろと種類があり、決断できないことを決断するのも1つの決断と言えるのです。

3.電話カウンセリングを利用するタイミング

迷いが生じて決断できない場合、どのタイミングで電話カウンセリングを利用すると良いのでしょうか?

もちろん、状況によって違いはありますが、自分自身が決断しないといけないタイムリミットを感じた時に利用すると効果的です。余裕を持って物事に対処することが褒められがちですが、迷いが生じて決断できないというケースに関しては、切羽詰まった状態でないと意味がありません。

他にも選択肢があるのではないかと考えてしまいますし、電話カウンセリングを受けても決断することに対する強い意志がないと、決断する内容が自分にとって理想とは違う場合に、もう少し考えようと逃げの姿勢になってしまいます。

決断の強い意志を持った状態で、決断に苦しむ状態をカウンセラーが共感してくれる中で冷静さを取り戻し、客観的視点でジャッジする、こうなることが理想です。
 
早め早めに電話カウンセリングを利用するのも問題ありませんが、迷いを断ち切る、決断することを目的とせずに、状況を整理するためにりようするという感覚が良いでしょう。

まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

迷いを断ち切る電話カウンセリングの活用方法というテーマでお話してきましたが、いかがでしたか?

電話カウンセリングは手軽に利用できるサービスであり、用途も様々です。その中で、電話カウンセリングを活用する目的を明確にしておくと、より効果的に活用することができます。

リ・ハートではどのような主旨で今回電話カウンセリングを利用しようと思ったかを最初に確認するようにしています。もちろん、相談者様が話を進めていく中で主旨が変わってくるケースもありますが、そういったことも含めて相談者様の心の状態を理解することができるためです。

相談者様の目的に合わせた電話カウンセリングを心がけていますので、電話カウンセリングを検討されている人は是非お気軽にお問い合わせください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ