ブログ

Blog

心に問いかける電話カウンセリング

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は心に問いかける電話カウンセリングというテーマでお話したいと思います。

電話カウンセリングでは情報を得るツールが声のみです。声の調子や間合いや言い回しなどから様々な情報を得た上で、気になることを問いかけていく、これが電話カウンセリングになります。

ご相談者様も自分の話したいことにフォーカスしながら、カウンセラーの声に耳を傾けます。この電話カウンセリングによって出来上がる空間がどのようなものなのか、その答えが今回のテーマに繋がります。

電話カウンセリングというサービスがどのようなものなのかをイメージしてもらえるように詳しく解説していきますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.雑念を排除し心の声に耳を傾ける

電話カウンセリングでは自分自身の心の声を言葉で繋いでカウンセラーに伝えます。ただ、ここではカウンセラーに知ってもらうことが目的ではなく、自分自身の心の声を吐き出す、そして吐き出す先が電話を通してカウンセラーの耳、となるのです。

声に出して心の声を吐き出すことで、その声に耳を傾けることができます。つまり、カウンセラーの耳にご相談者様の心の声が入っているのと同時に、ご相談者様の耳にも自分自身の心の声が入っていくのです。心の声が口を通して外に出て、それが耳を通して体内に入ってくる、体内に入ってくる時に雑念を排除しその声に集中して耳を傾けることになります。

すると、雑念がない状態で心の声を聞くことで、新しい気づきを得ることができる可能性が高くなります。様々な状況下という雑念が入った状態では、本当の心の声が見えなくなってしまっているケースが多いです。純粋な心の声に耳を傾ける機会を電話カウンセリングで得ることができるのです。

2.心の声に耳を傾けると心に問いかけることができる

心の声に耳を傾けるとその心の声に対して、疑問に思ったことを問いかけたくなります。なぜそう思うのか、どうしたいのか、など様々な問いかけが思い浮かんできます。

その問いかけに対して考え自分なりの答えを導き出すことで、本当の自分を見つけることができます。電話カウンセリングの場合は、自分自身で問いかけるだけでなく、カウンセラーも問いかけをしてくれます。

自分自身に問いかけるという行為は、簡単なようで最初はなかなか思うようにできません。自分自身で問いかける代わりにカウンセラーが問いかけてくれるのです。カウンセラーからの問いかけは客観的な視点になっていますので、自分自身では気づかなかった視点からの問いかけも多く、新しい気づきも多く得ることができるでしょう。

3.電話カウンセリングで心への問いかけが楽しい時間になる

心への問いかけは慣れてくれば自分だけでもできます。ただ、1人で行っていくと行き詰まってしまったり、誰かに聞いてもらいたくなったりするものです。つまり、1人で行うと寂しいんですよね。

電話カウンセリングを利用してカウンセラーと一緒に心への問いかけを行うことで、問いかけによって導き出した答えに対して自信を持つことができますし、一緒に問いかけをしてくれる、話を聞いてくれる存在がいることで純粋に楽しい時間を過ごすことができます。

心への問いかけが上手くいくと晴れやかな清々しい、そしてワクワクするような感覚を得ることができます。その時にその時間を共有してくれている人がいると、より一層その気持ちが増します。心への問いかけの時間に対して、そういった存在を得る最も簡単な方法が電話カウンセリングなのです。

まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

心に問いかける電話カウンセリングというテーマで、電話カウンセリングというサービスがどのようなものなのかをイメージしてもらえるように解説をしてきましたが、いかがでしたか?

電話カウンセリングでは、声に全集中した状態になります。声を発する、自分の声に耳を傾ける、カウンセラーからの問いかけに耳を傾ける、自分自身で心に問いかける、といった感じで、発するか耳を傾けるか、もしくは両方かを常に行っているのです。

対面カウンセリングでも基本的な流れは変わりませんが、電話カウンセリングの方が声のみに集中すれば良いので、集中しやすいというメリットがあります。特に自分自身を見つめ直したい時は、電話カウンセリングが適していると言えるでしょう。

リ・ハートではまずは話を吐き出しやすい環境を作り、人によって問いかけを行っていくタイミングと内容を変えています。これは、心の声を吐き出すことに対する抵抗感を感じながら進めているためです。

電話カウンセリングサービスを利用することを決めたからといって、最初から心の声を全て吐き出せるかと言うとなかなか難しい人もいます。自分の心の声をさらけ出すというのは、最初は抵抗があって当然です。そういった場合は焦らずに少しずつ進めていくように心がけています。

電話カウンセリングで心に問いかけたいと思われた人は、リ・ハートの電話カウンセリングを検討してみてくださいね。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ