ブログ

Blog

愚痴聞きサービスの有効な活用方法

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は愚痴聞きサービスの有効な活用方法についてお話したいと思います。愚痴聞きサービスは、オンライン上で予約して電話などで愚痴を吐き出すもので、手軽なストレス解消法の1つとして利用されている人が多いと思います。

しかし、愚痴聞きサービスも有料のサービスがほとんど(中にはボランティア有)ですので、あまり頻繁に利用すると金銭的に問題が生じることもありますよね。

愚痴聞きサービスをどのように利用すれば有効活用できるかについて、カウンセラー目線で説明していきますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

目次

1.愚痴聞きサービスは週1回まで

愚痴聞きサービス1分単位の料金になっていたり、10分単位や30分単位などサービス提供者によってまちまちの設定になっています。ちなみにリ・ハートでは30分になっていますが、愚痴聞きが20〜25分、問題点の整理が5分〜10分という感じで利用頂いています。

このような設定にしている理由はいくつかありますが、最も大きな利用は1回の利用でしっかりとスッキリして頂くためです。1分単位などになってしまうと、どうしても時間と料金のことも気になってしまい、早く吐き出してしまおうとなってしまうケースがあります。焦ったり整理して愚痴を吐き出そうとすると、心の奥底にあるモヤモヤまで吐き出すことができず、スッキリ感が思うように得られません。

そうなると、頻繁に愚痴聞きサービスを利用することにも繋がり、結果的に月の利用料金が上がってしまいます。しっかりと愚痴を聞いてもらう目安は、やはり20分〜30分、内容によっては60分取った方が良いと感じるケースもあります。

ちょっとした愚痴を聞いて欲しいだけ、と思っていても、いざ愚痴を吐き出すと吐き出したいことが次から次へと心の内から湧き出してくる、ということも珍しくありません。

そういった愚痴をしっかりと聞いてもらいスッキリした気持ちになれば、1〜2周間は大丈夫です。多くても月に4回、できれば月に1〜2回程度の利用になるのが、最も愚痴聞きサービスを有効活用できているケースだと言えるでしょう。

2.習い事感覚で愚痴聞きサービスを利用する

愚痴聞きサービスで愚痴を吐き出すことは、ストレス発散の1つと冒頭で記載しました。ストレス発散にはいろいろな方法がありますが、趣味などの習い事も方法の1つです。愚痴聞きサービスの利用は、習い事と同じような感覚で利用すると良いですね。

習い事をする際は、月いくらといった感じで月謝が発生します。実際に習い事をする際は、その月謝の金額が許容範囲かどうかも含めて検討しますよね。愚痴聞きサービスを利用する際も、月いくらまでなら可能という金額を決めて利用すると良いでしょう。

ただ、利用するサイトが決まっていない状況だと、なかなか月の利用金額が読めないと思います。最初のうちは週1回までの利用を目安として、メインで利用するサイト候補がいくつか見つかった場合に、月の利用金額の上限に対してコストパフォーマンスが最も良いサイトはどれかを考えると良いですね。

上記でも述べているように、愚痴聞きサービスは利用後にスッキリしないと意味がありません。愚痴聞きサービスのコストパフォーマンスとは、スッキリ感×金額ですね。

ストレス発散方法として習い事感覚で愚痴聞きサービスを選択した、というのは自分を納得させる理由にもなります。このようなことから、習い事感覚で利用することで愚痴聞きサービスを有効活用出来ると言えるのです。

まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

愚痴聞きサービスの有効な活用方法について説明してきましたが、いかがでしたか?愚痴聞きサービスは便利なサービスではありますが、まだまだ利用に抵抗があったり、どのように利用したら良いか分からないといった人も多いと思います。まずは愚痴聞きサービスをなぜ利用するのか?という点を考えてみると良いでしょう。

愚痴聞きサービスをなぜ利用するのかは人それぞれだと思いますが、共通しているのは誰かに話してスッキリしたい、という気持ちです。ではスッキリ感はどうすれば生まれるのか?ですね。

スッキリ感は表面だけでなく心の中に溜まった感情を吐き出すことで得ることができます。それにはやはり一定の時間が必要になります。そして、かかりつけの利用サイト(サービス提供者)がいれば、何回も話を聞いてもらっていることで、心の中に溜まった感情を吐き出しやすくなります。出来るだけかかりつけの愚痴聞きサービスを見つけておくと良いですね。

実際にリ・ハートでも、定期的に愚痴聞きサービスを利用頂いている人が多くいます。そして、何回も話を聞くことで、より深い部分の心に溜まった感情を吐き出すことができ、スッキリするとともに新しい気づきも得ることが出来ています。こうなると、愚痴聞きサービスではありますがカウンセリングと同等の効果が得られていると言えます。

リ・ハートではカウンセラーが提供する愚痴聞きサービスが利用できますので、愚痴聞きサービスを検討している人は是非利用してみてくださいね。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ