ブログ

Blog

電話カウンセリングの利用頻度

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は電話カウンセリングの利用頻度についてお話したいと思います。最近リピーターも増えており、利用頻度も人それぞれです。有料の電話カウンセリングサービスなので金銭的な部分もあるかと思いますが、それ以上に電話カウンセリングをどのようなシチュエーションで利用しているかによって違いが生じています。

実際に私の電話カウンセリングを利用頂いている人には、電話カウンセリングの中でどういった時に利用されると良いですよ、といった話はしています。ここでは、どのようなシチュエーションで利用する場合にはこれくらいの頻度が望ましい、といったお話をしていきたいと思います。電話カウンセリングをどのように利用していったら良いか迷っている人は、参考にしてみてくださいね。

目次

1.職場やプライベートでの特定の内容についての相談

例えば職場での上司との人間関係であったり、恋人との距離感であったり、特定のことに対して悩みを抱えているケースです。こういった場合は、基本的には何かモヤモヤする出来事があった時に電話カウンセリングを利用する、という人が多いです。

これは間違ってはいませんが、実際のところ本来のカウンセリングにはなっていないケースが多いです。どちらかと言うと愚痴聞きや人生相談ですね。聞いて欲しい、アドバイスが欲しいという場合はそれで問題ないですが、自分で解決していきたい、という場合は起きている内容の問題点に自分自身で気づくことが必要になります。そして、気づいた内容に対してどのようにアプローチしていくのかを考えコミットする、これがカウンセリングの流れになります。

となると、電話カウンセリングの頻度は月に1〜2回程度がベストと言えるでしょう。そして、その電話カウンセリングとは別に溜まったストレスを吐き出すための愚痴聞きなどを単発的に利用すると尚良いですね。

上手く吐き出すところは吐き出しながら、問題解決に向けて自分で決めた内容を実践していく、それをサポートするのがカウンセラーの役割です。例えコミットした内容を全然できていないということがあったとしても、カウンセラーは否定しません。できなかった原因を一緒に考え、軌道修正する必要がある場合にはそのサポートをしていきます。

こういったケースでは、数ヶ月電話カウンセリングを利用すると効果を実感することができるケースが多いです。もちろん、内容や個人差がありますが行動や考え方に変化が生じてきます。

カウンセラーは人を変えることはできません。変わるのはあくまで本人の意志によるものです。ただ、カウンセリングを受けることで気持ちが楽になった、前向きになれたというお声は数多く頂いています。

もし、変わりたいという気持ちを少しでも持っているのであれば、当電話カウンセリングを利用してみてくださいね。

2.幼少期の家庭環境に問題があったことから生じる相談

人間は幼少期の家庭環境によって、考え方や精神面が作られていきます。もちろん、親からの遺伝的なものも全くないわけではありませんが、家庭環境が大部分を占めています。

例えば、親からいつも叱られ自分の意見を言うことができなかった子供は、自分の考えを周りに発信するのが苦手な大人になる傾向にあります。逆に親からいつも褒められ自分の意見を尊重してもらえる環境で育った子供は、自分の考えを発信し、自身を持っていろんなことにチャレンジすることができる大人になる傾向があります。

そして、大人になって生活していく中で自分自身を好きになれない場合は、本当の自分を表に出せない状態になっているケースが多いです。こういった場合には、まずはなぜ自分が今の状態になっているのかを考え、原因に気づくことが大切になってきます。

原因に気づくためには、定期的に電話カウンセリングを受けていく必要があるため週1回位で受けるのがベストと言えるでしょう。もちろん状況に応じて回数を増やしたり減らしたりするのは問題ありませんが、ライフワークの1つとして電話カウンセリングで自分自身を見つめ直す時間を持つ、という意味合いで毎週何曜日とかで決めていくことをお勧めしています。

最初はなかなか苦しい時間になる人もいますが、回数を重ねていく中で振り返りがスムーズにできるようになっていきます。焦らず長い目で取り組んでいくことが大切ですね。

まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

電話カウンセリングの利用頻度について説明してきましたが、いかがでしたか?今回のテーマで記事を書いたのは、回数を多く受ければ良いというわけではないということ、そして週に何回も電話カウンセリングを利用したいという場合、その電話カウンセリング自体にも問題がある可能性があるということを知って頂きたいと感じたためです。

もちろん、心は日々の生活の中で突然乱れることも多々あります。しかし、本来はその時に自分で対応する能力があり、その能力を磨くためにカウンセリングがあるのです。それが毎回何かあると電話カウンセリングを利用となると、その電話カウンセリングでは自分で対応する能力を磨くことができていないと言えます。それは電話カウンセリングではなく電話人生相談なのです。

自分自身が変わりたいのか、アドバイスが欲しいだけなのか。この点をしっかりと考えてサービスを利用するようにすると、サービス利用によって求めている結果を得ることができるでしょう。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ