ブログ

Blog

ダイエットに必要な「強い意志」を持ち続ける方法

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回はダイエットに必要な「強い意志」を持ち続ける方法についてお話していきたいと思います。

私事ですが、昨年の11月20日から12月31日までの約40日間で7キロのダイエットに成功しました。身長165センチ、体重67キロだったのが60キロになりました。過去に何回か挑戦しましたが、いつも途中で挫折していました。しかし、今回はあることが加わったことでやり遂げることができました。

ダイエットや禁煙などもそうですが、「強い意志」がないと続けることができませんよね。ダイエットであれば好きなものが食べられない、辛いトレーニングを継続しなくてはいけない、など我慢しなければいけないことが沢山あります。少しの間であれば我慢できても、ずっとは難しいですよね。余程のダイエットが必要な理由がないとなかなか成功しないのはそのためです。

では、「強い意志」を持つためにはどうしたら良いのでしょうか?「強い意志」を持つとなるとメンタルと鍛えると思いがちですが、ここでは「イメージ力」を用いてメンタルとコントロールすることで「強い意志」を持ち続ける方法を開設していきます。

「イメージ力」を使うとダイエットが楽に楽しくなります。ダイエットがどうしても上手くいかない人、これから始めようと思っている人は是非最後までお読みください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.まずは成功した先をイメージしよう

ダイエットをしようと思うきっかけは人それぞれだと思いますが、肥満は健康に悪いとか見た目が良くないという印象は殆どの人が持っていると思います。つまり、少し太ったと感じることがあると、ダイエットしようかなと思う人は多いわけです。

少し太ったと感じる瞬間は、体重計に久しぶりに乗ってみた時、去年着れていた服が着れなくなっていた時、周りの人から指摘された時などがあります。太ることに対して良いイメージがない人はこの時点でダイエットしようかなとなるのですが、この時点でスタートすると殆どの人が失敗します。

理由は成功した事によって得られるポジティブイメージがしっかりとできていないためです。ここでいうポジティブイメージとはより具体的なダイエット成功後の生活を指します。

例えば、

●ダイエット成功によって大好きな服のブランドを着こなすことができて、街を歩くだけで注目される

●異性と仲良くなることがなかったが、話しかけられるようになって異性の友人が増え恋人もできた

こういったことを具体的にイメージするのです。もちろん、あなたのボディーイメージはダイエット成功後のものです。こういうボディーになればこうなれる、というのをイメージすることで脳に刷り込みます。

人間は基本的に辛いことからは逃げたくなります。立ち向かうためにはそれなりの成果報酬が必要なのです。考え方としては営業職のインセンティブと同じですね。得られる報酬が大きければ頑張りますが、少ないとそのために頑張ろうとはなりません。

ただ仕事の場合はインセンティブが少なくてもやらないわけにはいきませんが、ダイエットの場合は殆どのケースでやらなくても良いわけです。つまり、それだけ強いポジティブイメージを持たないとダイエットを続けることはできないと言えますね。

2.早い段階で成功体験をしよう

ポジティブイメージを持った後は、早い段階でダイエットの成功体験をするようにしましょう。例えばですが最初の3日で1キロ痩せるとかです。

人間は自分がやっていることが正しいと信じることができないと、継続することができません。辛いことを我慢してやろうとしているがそのやり方で成果が出るかどうか分からない、ではちょっとやって成果が出なければ止めてしまう人が多いでしょう。ダイエットでもこれが多いです。

まずは最初にきついことをしてでも痩せることができた経験をすることです。私の場合は3日間の断食を行いました。断食をすれば少なくとも1〜2キロは減りますよね。そして、そこから食事制限を取り入れました。

食事を制限(絶食だったが)すれば痩せることができる、という成功体験をもとに本格的な食事制限をすることで、辛い食事制限を続けることができるのです。

3.自分がイメージできる情報のみ活用しよう

減量というとボディービルダーのYouTubeチャンネルがあります。色々な人のチャンネルを見ました。どれも間違いではないと思いますが、そのまま活用することをしませんでした。どうなりたいかが全く違いますし、トレーニングなどの活動量も違うためです。

また、理解できないことは続けることができません。そこで、イメージできることだけを活用するようにしました。例えば、脂質抑えてタンパク質を取ることですね。脂質を取ると脂が体内に入り体脂肪になる、というのはイメージしやすかったんですよね。なのでできるだけ脂質の少ないものを食べるようにしました。

カロリー計算も本当は必要だと思いますが、私は細かいことをやると面倒になって続かないので、朝と夜の体重を測りつつ今日のカロリーが適正だったかどうかを感覚的に振り返るようにしました。

自分自身で続きやすい環境を作ることも大切なことですね。

4.体内に食べ物を入れた時のイメージをしよう

ダイエット中は好きだけど食べれない物が沢山出てきますよね。目の前にして眺めるだけとか、我慢の限界でついつい...ということもありますよね。そんな時はその食べ物を体内に入れた時にどうなるのかをイメージすると良いです。

例えば脂質が高いお菓子を食べると、そのお菓子の脂が体脂肪となって筋肉の上に乗っかるイメージをすると食べたい気持ちが収まったりします。イメージはすごく大切で、イメージすることでメンタルのコントロールができるようになったりもします。

我慢するよりも食べる気がなくなる方がメンタルも安定しますよね。ダイエットをする時にいかに我慢するかではなく、いかに我慢せずにコントロールするかということが大切なのです。

まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

ダイエットに必要な「強い意志」を持ち続ける方法について説明してきましたが、いかがでしたか?

「強い意志」には、成功後のポジティブイメージを持ち、早い段階で成功体験をする、そして自分がイメージできる情報を活用しつつ、イメージすることでメンタルをコントロールすることが大切となります。

ちなみにですが、私が今回ダイエットすることにしたのは趣味で行っているテニスのためです。現在10年のキャリアを積む中で、試合にも出場しある程度のレベルになってきました。しかし、レベルが高い試合に出るようになり、なかなか勝てなくなってきました。もうワンランク実力を上げるために、体質改善に取り組もうと思い、ダイエットを決意しました。

痩せれば上手くなるわけではありませんが、痩せることでこうなるという強いポジティブイメージを持つことで、高いモチベーションを保ちながらダイエットに取り組むことができました。そして今回の結果が得られたのです。

ダイエットは自分との戦いではありますが、周りの人を巻き込むと成功しやすくなります。家族に食事の面で協力してもらったり、ダイエットで頑張ったことを聞いてもらったりするだけでも随分と気持ちが楽になります。

もしそういった人が周りにいない場合は、カウンセラーに話を聞いてもらいダイエットに対する自分の気持ちを定期的に見つめ直すのも1つの方法です。行動を持続するためにはメンタルのコントロールが不可欠です。是非ダイエットにもカウンセリングを活用してみてくださいね。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ