ブログ

Blog

愚痴聞きサービスと話し相手サービスの違いについて

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は愚痴聞きサービスと話し相手サービスの違いについてお話したいと思います。10年くらい前からカウンセリングの類似サービスとして、愚痴聞きサービスや話し相手サービスというものが出てきました。カウンセリングよりも利用しやすいライトなサービスとして一気に広まっていきました。

実は、カウンセリングと愚痴聞き、話し相手は類似でありながら誰が提供しているサービスかが違ってきます。その違いがサービスの違いにもなっています。

何となくはイメージできると思いますが、サービス提供者の違いから詳しく説明していきます。

目次

1.愚痴聞きサービスはカウンセラーかもしくは...

愚痴聞きサービス

愚痴聞きサービスは、カウンセリングの中でカウンセラーが用いる「傾聴」という技術を用いています。「傾聴」とは相手の気持ちに寄り添いながら話を聴く技術です。この技術がしっかりと身についていることで、サービス利用者様が心の中に溜めている愚痴を吐き出すことができるのです。

極端な例を出すと、全く話を聞いている様子がない人に向かってどんな愚痴でも言っていいよ、と言われても話したくないですよね。話せる相手がいれば愚痴を吐き出すことが出来るのではなく、耳を傾けながら聴いてくれる人がいるから吐き出せるのです。

つまり、愚痴聞きサービスはカウンセラーやカウンセリングスキルをある程度持った人が行っているケースが多いです。逆に世間でいわゆる井戸端会議で愚痴を言い合うようなイメージで、愚痴聞きの仕事は簡単と思って始めようとされた人は上手くいきません。

愚痴聞きサービスは、カウンセリングの中の「傾聴」に特化したサービスという認識をされると間違いないですね。

2.話し相手サービスは人生の先輩かもしくは...

話し相手サービス

話し相手サービスは話し相手ですので、愚痴聞きと違って話を聞くだけではありません。どちらかというと、アドバイスを求めているケースが多いですね。

よって、話し相手サービスを提供している人は、例えば相談員をされていた人や子育てを終えた人、ライフプランナー的な仕事をされていた人など、話を聞いて経験からアドバイスをする人が多いです。また、占いも専門的な技術を用いてアドバイスをするものなので、ここに属します。

ただ、話し相手サービスというのは解釈が非常に広く、通常では話をする機会がなかなかない人と話をしたいというケースもあります。例えば40代、50代の人が20代の人と楽しく会話がしたい、という場合の話し相手サービスもあります。

こういった話し相手サービスになると、全くカウンセリングとは関係ないサービスになります。もはや類似サービスではありません。

3.愚痴聞きサービスと話し相手サービスの棲み分け

愚痴聞きと話し相手

愚痴聞きサービスと話し相手サービスには棲み分けがあります。気持ちで表すと、「話を聞いてほしい」が愚痴聞きサービスで、「話がしたい」が話し相手サービスです。そして、問題を自分をで解決するのが愚痴聞きサービスで、問題を解決してもらうのが話し相手サービスです。

この違いをしっかりと把握していれば、どちらのサービスを利用しようと考えた時に間違いがないと思います。ただ、最近の傾向として話し相手サービスがより手軽なサービスになってきており、カウンセラーも相談者が求めるのであれば話し相手サービスを行っているケースもあります。そこで、こういった人がサービスを提供しているのかが重要になるのです。

まとめ

愚痴聞きサービスと話し相手サービスの違いについて説明してきましたが、いかがでしたか?ネットで検索すると多くの愚痴聞きサービス、話し相手サービスがヒットします。この中から自分に適したサービス、人を探すのは容易ではありません。

そこでサービス選びのポイントを整理しておきます。

・サービス提供者の職種(カウンセラー・占い師・ライフプランナーなど)
・サービス提供者の強み(どういった経験を積み、どういった人に対してサービスを提供してきたか)
・話を聞いて欲しいのか話をしたいのか
・問題を自分で解決したいのかサービス提供者に解決してもらいたいのか

この点を押さえておけば、ある程度該当するサービス提供者は絞られてきます。例えば私の場合はカウンセラーとして愚痴聞きサービスを提供しています。そして、看護師や医療従事者の仕事に関わってきた経験がありますので、看護師の仕事上の愚痴などを聞くことが多いです。

他には彼氏(旦那様)に対しての愚痴であったり、子育て上での愚痴などもあります。私の人となり、プロフィールを見て愚痴を聞いて欲しいと思ってご予約を頂くのです。

最終的には上記内容で絞って後は直感、これが最も正しい選択かもしれませんね。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ