ブログ

Blog

カウンセリングで自己理解を深める3つのポイント

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回はカウンセリングで自己理解を深める3つのポイントについてお話したいと思います。自己理解って生きる上での永遠のテーマのように、なかなか難しくて奥が深いものですよね。自己理解についてググっている方も沢山います。

自己理解はその名の通りで、自分自身を理解すること、自分自身のことなので自分で行うもの、という認識があるかもしれません。もちろん、自己理解は自分自身が行うものではありますが、自分自身で自己理解をしようとしてもなかなか進みません。

そこで、自己理解を深める手段としてカウンセリングを用いる人がいます。これは非常に良い選択と言えます。なぜカウンセリングで自己理解を深めることが出来るのか、その理由をポイントとして詳しく解説していきます。

目次

1.カウンセラーの声が第三の声に

カウンセラーの声

カウンセリングの中で、カウンセラーは第三者として客観的な視点でアプローチします。第一の声はカウンセラーに向かって話をしている自分自身、そして第二の声はカウンセラーに向かって話している自分の声を聞き、それに対して問いかける自分自身です。

この第一の声と第二の声のやり取りを円滑に進めるのが、第三の声のカウンセラーというポジションになります。司会進行役みたいなものですね。この構図がイメージできると、カウンセリングが自己理解を深めるのに効果的というのがご理解頂けると思います。

イメージできなかった場合でも、実際にカウンセリングを受けてみると何となく理解できますのでご安心ください。自分1人ではなかなか客観的な視点を持つことができないので、第一の声と第二の声のやり取りが思うように進まないことが多いです。

カウンセラーという名司会者を有効活用しましょう。

2.気づいていない自分に気づくことができる

気づいていない自分に気づく

突然ですが、「自分の意外な一面」に気づくことってありますよね。どういった時に気づきますか?今までやったことがないことをやってみた時、他の人に指摘された時などが多いですよね。

これについて逆の解釈をしてみましょう。今までやったことがないことをやってみた時に意外な一面に気づくということは、今までやったことがあることについては自分の意外な一面に気づかないとなります。そして、他の人に指摘された時に自分の意外な一面に気づくということは、他の人に指摘されないと気づかないとなります。

つまり、通常の日常の中で自分の意外な一面に自分で気づくというのは至難の業なのです。「自分の意外な一面」というのが気づいていない自分であるとも言えますので、そういった面に気づくことで、より自己理解が深まっていきます。

カウンセリングでは、話を聞いてもらう中で多くの気づきを得ることができます。当然、その中に自分の意外な一面、気づいてない自分も含まれます。これがカウンセリングで自己理解を深める大きなポイントと言えます。

3.自分の過去について振り返ることができる

振り返り

カウンセリングでは、今現在の考え方などについてルートをたどる、根底にあるものを見つけるといった作業を行うケースがあります。その際に、自分の過去について振り返ることになります。

自分の過去について振り返ると、自分自身について理解したつもりになっていたことが見えることがあります。蓋をしていたもの、つまり見ないようにしていたものを見てしまうこともあります。しかし、そういったことが自己理解を深めることにおいて重要なポイントになるのです。

自分の過去について振り返った際に、蓋をしていたものに触れることがあれば、その蓋をした経緯についても振り返る必要が出てきます。そして、その時の事についてもう1度振り返ることになります。この振り返りを行う過程の中で、どんどん自己理解も深まり、自分自身を見つめ直すことになります。

まとめ

カウンセリングで自己理解を深める3つのポイントについてお話してきましたが、いかがでしたか?カウンセリングはカウンセラーが客観的な第三者としてのポジションから、相談者様の気づきや振り返りのサポートをするものです。そして、それら全てが自己理解を深めることに役立っています。

自己理解を深めることで、自分の中にあるモヤモヤが解消されていきます。自分自身でできないわけではありませんが、なかなか自分自身で自己理解を深めることができないと悩んでいる方が多いのも事実です。

自己理解が深まることで180℃世界が変わるケースもあります。悩んでいる方は是非お気軽にお問い合わせよりご相談下さい。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ