ブログ

Blog

ギアを上げる

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は【ギアを上げる】というテーマでお話していきたいと思います。日常生活や仕事、スポーツなどでより大事な局面に出くわした時、高い集中力を発揮していつもよりも多くのエネルギーを発揮できるようにしようとします。

いつも全力を出し切ることができればそれに越したことはないですが、全ての時間においてずっと集中し続けることは出来ませんし、ずっと集中していると逆に大事な局面やしんどい場面で集中力が切れてしまいがちです。そうすると、より多くのエネルギーが必要な場面でエネルギー切れの状態になってしまいます。

人生において成功を勝ち得ていくためには、【ギアを上げる】ことをどれだけ的確に行うことが出来るかが重要と言えます。ここではギアの上げ下げを自分でコントロールする方法を述べていきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.まずは全力で取り組むこと

ここでは新卒の社員が仕事に慣れていくまでの流れを例として挙げていきたいと思います。まず、新卒の社員は最初何も分からないわけですが、大きく分けると2つのことが分からない状態になっています。

1つ目は仕事の難易度です。少し気を抜いても大丈夫な仕事なのか、それとも全力で取り組まないとこなすことが難しい仕事なのか、です。新卒の社員は仕事の難易度が分からない中でがむしゃらに全力で取り組む人と、仕事の難易度を他の先輩社員に聞きながらこれくらいだろうと推測しながら仕事に取り組む人がいます。

もう1つは自分自身の適性です。どういった仕事に対して適性があり、逆にどういった仕事に対して適性がないのかが分かりません。この場合でもとにかく全てにおいて全力で取り組みながら自分の適性を把握していく人と、自分自身の好みや性格から勝手に適性を決めつけて仕事を選んでいく人がいます。

どちらに関しても、長い目で見た時に成功するのは前者です。まずは仕事の難易度も自分自身の適性もがむしゃらに全力で取り組むと良いでしょう。それがあって初めて【ギアを上げる】ことが出来るようになるのです。

2.【ギアを上げる】タイミング

【ギアを上げる】ためには、【ギアを上げる】タイミングが分からないといけません。当然ながら、【ギアを上げる】タイミングが分からないと、上げようがありませんよね。

しかし、【ギアを上げる】タイミングは誰も教えてくれません。そのタイミングとは、自分が経験した経験値によって得た直感によって、無意識的に分かるようになるものだからです。

そして、そのタイミング掴むためには、上記で説明したがむしゃらに全力で取り組むことが必要になるのです。仕事の難易度や自分の適性をがむしゃらに取り組む中で把握し、その把握したものの中に【ギアを上げる】ポイントも含まれています。

例えば、スポーツの世界だと分かりやすいかもしれません。プロのテニスの試合は長い試合になれば5時間くらいかかることもあります。当然ながら、その時間全てにおいて集中し続けることは出来ません。試合を観ていても、「今集中力が落ちているな」と分かることもあるくらいです。

しかし、トップ選手は大事なセット、ゲーム、ポイントになると、それまで集中力が切れたような状態にあったとしても、いきなりスイッチが切り替わったようなプレーをするようになることがあります。その「ギアを上げる」スピードにも驚かされますが、本人が意識して上げたというよりは、無意識的に「ここが大事」というのを脳がキャッチし全身に伝令を出しているような、まさにそんな感じです。

これは、がむしゃらに全力で取り組んだ経験がある人だけに備わった特権のように思います。【ギアを上げる】ためにどうしたら良いかを考えるよりも、まずはがむしゃらに全力で取り組んでみること、その中で備わってくる能力だと認識すると良いですね。

3.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

【ギアを上げる】ことについて説明してきましたが、いかがでしたか?【ギアを上げる】ことは誰にでも出来ることではあります。しかし、もともと持っている能力ではなく、がむしゃらに全力で取り組むことで【ギアを上げる】タイミングを無意識的に掴むようになる、そして勝手に反応するようになるというものと言えます。

物事に取り組む中で、やはり楽をすることを考えてしまうことは多いと思います。無駄を省く、効率的に、という発想を持つことは確かに大切なことです。しかし、無駄であっても、非効率であってもがむしゃらに全力で取り組む中で得る感覚があり、その中に【ギアを上げる】感覚もあるのです。

なぜこの話を今回したかというと、私自身が若い時にがむしゃらに全力で取り組むことをしなかった苦い経験を思い出したからです。今はまずは全力でやってみることを大切にしています。いつからでも遅いということはありませんので、分からないことは全力でやってみる習慣を持つことをお勧めします。

電話カウンセリングを行う中で、自分のことを振り返る機会を得ることもあります。大変ありがたいことですね。それをこういった記事などで還元する、または今後の電話カウンセリングに活かしていきたいと思います。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ