ブログ

Blog

話せばわかる

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「話せばわかる」というテーマでお話していきたいと思います。一般的な使い方としては、誤解などがあった時に話し合いをすることで誤解を解くことができる、といった感じですね。犬養毅氏が青年に襲われた時の言葉として有名です。

ここでの「話せばわかる」は全く違った使い方です。一言でいうと、「人に話せば自分の心がわかる」ですね。ただ、相手のことがわかるのか、自分のことがわかるのかの違いですので、結局は話すことで心がわかると言えます。

自分のことがわかるという点において、「話せばわかる」理由を説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.自分の気持ちがわかる

「あなたはどういう思いでこの仕事を行っていますか?」

突然上記のような質問を投げかけられた時に、どんな仕事をしている時でもすぐに回答できるでしょうか?自分にとって思い入れのある仕事をしている時であれば、よくぞ聞いてくれたとばかりに思いを語ることができるかもしれません。しかし、仕事の多くはやらされていたりやりたいことの準備のために仕方なくといったものがありますよね。

そういった仕事をしている時は、逆に仕事のことを何も考えないようにしているケースもあります。何も考えずに必要だからしている、言われたからしている、と思い込むことで自分を納得させているのです。つまり、気持ちがわからないというよりも気持ちを考えないようにしているという方が正しいかもしれません。

また、自分の思い通りでない場合にも自分の思いを出さないことで思い通りでないことを隠すケースもあります。自分の気持ちと向き合わないことで、現実との乖離を感じなくしていると言えます。自分を守るための防衛反応とも言えるでしょう。

こういったことがたまにある分には問題ありませんが、頻繁に起こるようになると、自分がわからなくなってしまう危険性があります。自分の本当の気持ちを見ないようにすることが頻繁に起こっている、と考えると確かに自分の気持ちがわからなくなりそうですよね。

そういった自分の本当の気持ちを確かめる時間として、誰かに話してみる時間があります。誰かに話している内に、自分の本当の気持ちと向き合うことができ、「本当はこう思っていたんだ」という気づきが生まれます。

モヤモヤする気持ちを抱えている、やる気が起きない、イライラすることが増えた、といった場合には誰かに話してみることをお勧めします。本当の気持ちを隠して無理しているかも。話を聞いてくれる人が周りにいない人は電話カウンセリングや愚痴聞きなどを利用してみてくださいね。

2.話せば状況がわかる

仕事やプライベートでの日常を過ごす中で、いろいろな出来事が起きます。問題なく消化できるボリュームの時もあれば、次から次へと難題が起きて消化しきれない状況に陥る時もあります。こういったことは自分でコントロールできれば良いですが、自分では全くコントロールできない状況もあり、そういった場合に大きな悩みを抱えてしまうことになります。

多くのことを解決していかなくてはいけない、でも何から手を付けたら良いか分からないと、一種のパニック状態になってしまうことが多いですが、落ち着いて状況を整理し、1つ1つを片付けていけば大丈夫という場合もあります。問題なのは、落ち着いて物事を考えることができなくなってしまっていることなのです。

落ち着いて物事を考えるためには、まずは今起きていることを整理することが重要です。整理するためには、起きていることを全て誰かに話す、これが最も簡単な方法と言えます。

誰かに話を聞いてもらうことで、今起きていること1つ1つを再認識することができます。そうすると、全て一気に今しなくてはいけないと思っていたことが、後回しにしても大丈夫なんじゃないか、と思えるものがあったりすることに気づくことができるかもしれません。同時に考えると優先順位をつけることができなかったことが、改めて1つ1つを誰かに話してみると、案外簡単に優先順位をつけることができるのです。

ただ、話を聞いてくれる人が周りにいるかというと、案外いないものです。アドバイスをくれたりする人はいますが、じっくりと話を聞いてくれる人はいません。そこで利用すると良いのが電話カウンセリングです。しっかりと話を聞き、頭の中を整理する手助けとなるでしょう。

3.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「話せばわかる」というテーマでお話してきましたが、いかがでしたか?今回のベクトルを自分に向ける「話せばわかる」は大きく分けると2つ、自分の気持ちがわかると自分の状況がわかるということでした。

どちらのケースに関しても、話を聞いてもらうことの意義は感じてもらえたのではないかと思います。「カウンセリングを受けたけどただ話を聞いてくれているだけで何も解決しなかった」という評価を目にすることがありますが、カウンセリングとしては間違ったことはしていないと言えます。ただ、「傾聴」が上手くできていなかった可能性があります。

「傾聴」が上手くできていると、ご相談者様は安心して心の声を吐き出します。すると、ご相談者様自身が自分の心の声と向き合うことができ、気づきを得ることができるでしょう。スッキリした気持ちになりますし、解決の糸口が見つかるケースも多いです。

心理カウンセラーに話を聞いてもらう中で何か解決の糸口が見つかるかも、という感じでカウンセリングを利用頂くと、効果を得やすいかもしれません。リ・ハートでは電話を用いてしっかりとお話を聞き、質問をすることで気づきが得やすい環境づくりをしています。是非1度「話せばわかる」を体験してみてくださいね。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ