ブログ

Blog

受け入れる

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は「受け入れる」というテーマでお話していきたいと思います。「受け入れる」というとどんなイメージがありますか?迎え入れたりするイメージが強いのではないでしょうか?例えば職場で新人を自分の所属する部署に受け入れる、こんな感じになります。

また、受け入れるというは自分自身が認めた上で迎え入れるという意味になっていますので、先程の例の場合に会社からの命令で強制的に新人が配属させられたという場合には、「受け入れる」とはなりません。使い方としては仕方なく受け入れたとなるケースもありますが、本来の意味としては違います。

この「受け入れる」という言葉は、カウンセリングの中でよく使う言葉です。なぜかというと、「受け入れる」ことができないことによって悩みを抱えているケースが非常に多くなっているためです。なぜ「受け入れる」ことができないのか、という点に焦点を当てて説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.心の部分での「受け入れる」

心の部分での「受け入れる」とはどういうものなのかを、まず説明していきたいと思います。心の部分での「受け入れる」とは、以下のようなものがあります。

・感情(自分自身・相手)
・価値観(自分自身・相手)
・出来事(主に不幸なこと)

基本的には相手の感情や価値観に関しては「受け入れる」ことができないことも多く、それが問題になることは少ないです。問題となるのは自分自身の感情や価値観、そして不幸な出来事を「受け入れる」ことができない時です。「受け入れる」ことができないと苦しいという感情が出てきます。

例えば辛い時には泣きますよね。これは辛い気持ちを「受け入れる」から泣くことができるのです。もし、辛い気持ちを「受け入れる」ことができていなければ、辛い気持ちを自分自身が認めていないわけですので、泣くのはおかしいとなってしまいます。つまり、本当は辛いのに泣けない状況になってしまいます。

人間は感情にしろ価値観にしろ出来事にしろ、受け入れた上で適切な行動を取ることができます。逆をいうと受け入れないと適切な行動が取れなくなり、それが苦しい原因になります。

心の部分での「受け入れる」ことが大切なのはご理解頂けたと思います。次ではなぜ「受け入れる」ことができないのかを説明します。

2.なぜ「受け入れる」ことができないのか?

心の部分で「受け入れる」場合に、「受け入れる」ことができない要因は2つあります。1つ目は受け入れたくない、心が拒否することですね。これは、自分の理想像とかけ離れたことが起きた場合にそうなります。

例えば仕事のミスをして辛い状況に陥ったとしても、自分はこんなミスをするような人間ではないと思っている場合、自分の中でミスしたことを認めず辛い気持ちも誰にも話さずに、自分で全てを消化しようとします。挽回できたとしても大きな疲労感、挽回できなかった場合には大きなダメージを得ることになってしまいます。

こういったことは自己分析をしっかりと行っていくことで改善されていきますので、カウンセリングや自己啓発などを行っていくと良いですね。

もう1つは、「受け入れる」ことができる許容範囲を超えてしまっているケースです。この場合は、当然ながら「受け入れる」ことができないわけですが、更にどのように対応したら良いかも分からないとなってしまいます。幼児期の虐待などはこのケースに当てはまりますね。

様々なことを受け入れて正常な反応をする、これを繰り返して正常な感情表現ができるようになっていきます。「受け入れる」ことが感情表現のベースとなっているといっても過言ではありません。

このケースはカウンセリングを受けて、「受け入れる」ことができなかった自分を「受け入れる」ことができるようになると心が楽になります。その上で、様々な感情表現や価値観などを見つめ直していくことで、生きにくさを解消することができます。

3.まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

「受け入れる」というテーマでお話してきましたが、いかがでしたか?「受け入れる」というのは簡単なようで簡単なことではない、そして心の部分において非常に重要な役割をしていることはご理解頂けましたでしょうか?

受け入れたら楽なのに、という場面は数多くありますが、簡単に「受け入れる」ことができない理由があるのです。その理由を取り除いていくことで、ありのままの自分で生きることができるようになります。

リ・ハートでは、まずはフリーで話したいこと、聴いてほしいことを思いつくままに吐き出してもらっています。そうすると、その話の中で「受け入れる」ことができていない内容が含まれていることがあります。その点を後で質問していく中で、少しずつ「受け入れる」ことができない理由を見つめ直し、消化していくことができるようにサポートしています。

時間はかかるかもしれませんが、「受け入れる」だけでその後の人生が大きく変わることもあります。心の中に何かモヤモヤするものがある人は、是非リ・ハートの電話カウンセリングをご利用ください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ