ブログ

Blog

自分らしさが分からない理由

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は自分らしさが分からない理由についてお話したいと思います。自分らしさが分からない理由は自分の中にもありますが、環境に原因もあります。つまり、自分らしさを見つける上で、自分を見つめ直しながら周りの環境も見つめ直す必要があります。

自分らしさは「本当の自分」と置き換えることもできますが、「本当の自分」の周りに「本当の自分」を見えなくするもの、例えば身体に例えると筋肉を隠す脂肪のような存在があり、それが自分らしさが分からない理由になっています。

ではその自分らしさを隠すものとは一体何なのでしょうか?これから詳しく解説していきますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.自分自身の経験に隠れてしまう

自分らしさというものは経験を積めば積むほど分かってくるのかと言うと、そうではありません。逆に経験を重ねることによって自分らしさを見失ってしまっている人も多くいます。

子供の時は自分のしたいという欲求に素直に行動します。しかし、社会で生きていく中で、自分のしたいことだけして生きていくことはなかなかできません。したくないこともしながら、妥協点を見出しながら生きています。

これは仕方ない部分がありますし、社会性があるとしてメリットとして挙げることもできます。ただ、あまりにも周りに合わせながら生きていくようにしてしまうと、自分らしさが分からなくなってしまい、ふとした瞬間に原因不明の体調不良を起こしてしまうことがあるのです。

この原因不明の体調不良は、自分らしさとはかけ離れた環境で生活している中で、自分自身の心の悲鳴によって起こっているものです。つまり、ずっと無理をしている環境に居続けた結果と言えます。

しかし、この場合は周りに合わせる中で「本当の自分」が見えなくなり、無理をしていることにも気づいていません。なので、原因不明の体調不良になるのです。

心身ともに調子が悪いと感じた時に、自分自身を見つめ直すことが大切になりますが、見えなくなっている状態では気づくことも容易ではありません。こういった場合は、カウンセリングを受けて「本当の自分」を見出し、今の環境と照らし合わせた上で、今後の環境をどうしていくかを考えていくと良いでしょう。

2.自分らしく生きることが駄目なことと思っていた

自分らしく生きるためには、まずは自分らしさを表に出さないといけません。つまり、周りの人に自分らしさを知ってもらう必要があるのです。

実はここに1つの大きな壁が存在しているケースが多いです。自分らしさを表に出すことを許されなかった、もしくは出してはいけないと思っていたというものです。規模に違いはあれど、少なからず思い当たるふしはある、という人は多いと思います。

例えば子供の時の習い事。自分がしたいことだけ習わせてもらえる環境でしたか?親の育児プランに則った習い事を否応なしにやらされていませんでしたか?友達と遊ぶ時に自分のしたいことを言えていましたか?そもそも自分という人間のことを知ってくれていると思える人がいますか?

こう問いかけた時に、自分を表に出したことがないかもしれない、と感じる人も少なくないはずです。なぜ表に出すことがなかったのでしょうか?それが自分らしく生きることが駄目なことと思っていた、に繋がります。

こういった場合は、まずは自分らしく生きることが駄目なことと思っていた原因を見つめ直すことです。そして、自分らしく生きるために一歩踏み出すには、自分にとってどうしたら良いかを考えます。

なかなか自分で見つめ直したり考えたりするのが難しい場合は、カウンセラーと一緒に進めていくと良いですね。多くの気づきが得られると思います。

3.自分らしさなんて必要ないと思っている

自分らしく生きる、というテーマで自分自身を見つめ直すことの意義を疑問視されているケースですね。もちろん、自分らしさについて考えたこともないという人であっても、無理に自分らしさについて考える必要はありません。

現状何も問題ないのであれば、今の生き方が自分らしさと一致しているのかもしれません。実際に自分らしく生きることを意識している人だけが自分らしく生きることができているわけではありません。一生懸命目の前のことに取り組んでいただけで、この生き方が自分らしいのかどうかは分からない、というケースでも、充実している、楽しいと感じているのであれば自ずと自分らしい生き方ができていたのでしょう。

しかし、一生懸命やっているが上手くいかない、精神的にきつい、充実感や楽しさがないという場合は、自分らしさから遠い生き方をしている可能性があります。自分らしさを見つめ直すだけで、仕事が上手くいくようになったり、毎日が楽しくなったりしますので、今の自分の生活のどこに問題があるのかを見つめ直すという感覚で行っていくと良いでしょう。

カウンセリングを受けることにも抵抗があるかもしれませんが、カウンセラーを話を聴いてもらう話し相手という認識で利用すると、スムーズに今の生活を見つめ直すことができますよ。

まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

自分らしさが分からない理由について3つのパターンを説明してきましたが、いかがでしたか?原因はいろいろとありますが、そもそもの話として自分らしさは立ち止まって考える時間がないと分かりません。

分からなくても問題がなければ考える必要はありませんが、今の生活が上手くいっていないのであれば自分らしさを見つめ直すことで気づくことが多くあるでしょう。

リ・ハートは、「本当の自分」を見つめ直したいという人が多く利用しています。長期的な計画を立てて行うケースもあれば、1回1回話したいと思ったタイミングでカウンセリングを行っているケースもあります。

カウンセリングの進め方の提案はしますが、あくまでご相談者様の気持ちを尊重して対応するようにしていますので、安心してご利用ください。一歩踏み出すことで見える景色ががらっと変わるかもしれません。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ