ブログ

Blog

恋愛カウンセリングで得られる3つの能力

ご訪問ありがとうございます。
リ・ハート代表カウンセラーの佐藤です。

今回は恋愛カウンセリングで得られる3つの能力についてお話したいと思います。カウンセリングにもいろいろなジャンルがありますが、最も多いのが恋愛系です。そして、カウンセリング効果を実感しにくいのも恋愛系ですね。恋愛はゴールが非常に狭き門になっているためです。

例えば職場での円滑な人間関係であれば、関わり方や受け止め方を変えるだけで改善出来るケースが多いです。また、相手と深く関わる必要はありませんので、本音を追求する必要もありません。苦手な人とは表面的な部分で上手く関わることができればそれで良いのです。

しかし、恋愛となるとゴールは結婚したい、恋人になりたい、より親密な関係になりたいといった具合になり、表面上の関わりが上手くいっていれば良いというものではありません。

ただ、難しい分恋愛カウンセリングを受けることで得られる能力がたくさんあります。その中で3つに絞って説明していきたいと思いますので、興味のある人は最後までお付き合いください。

投稿者プロフィール

佐藤 公俊
佐藤 公俊心理カウンセラー
【経歴】
・キャリアカウンセラー15年
・心理カウンセラー10年
※相談件数10,000件以上

【主な相談内容】
・うつ病、パニック障害などの精神疾患との向き合い方
・周りの人には言えない恋愛相談
・仕事が長続きしない、キャリア形成に悩んでいる
・人間関係が上手くいかない

【アプローチ】
まずは話したいこと、聴いてほしいこと、頭に浮かんだことを自由にお話ください。どんな話でも否定しませんので、安心してありのままをお話くださいね。あなたの話を受け止めた上で、心の声をキャッチし一緒に向き合い、フィードバックしていきます。

目次

1.コミュニケーション能力

恋愛カウンセリングの中で最も得られる能力がこれですね。コミュニケーション能力というと、どのような能力だと思いますか?相手と楽しく会話が出来る能力、誰とでも仲良くなれる能力、などイメージされると思います。

もちろん、そういった能力もコミュニケーション能力ではありますが、もっと根本的な部分として、コミュニケーション能力とは相手の気持ちを理解する能力と言えます。

例えば、コミュニケーション能力が優れていると見られているAさんとBさんがいたとします。両者ともにパーティー会場では積極的にいろんな人に話しかけ、終始楽しそうにしています。Aさんは自分のペースで話をし、自分の話が終われば別の人に話しかけています。Bさんは相手の話を聞くスタンスで、相手のペースに合わせて会話を終了し別の人に話しかけています。

Aさんの方が知り合った人の数は多いと思いますが、そのパーティー会場だけの知り合いが多く、余程意気投合するような話が合う人でない限り、その後親密な関係になることは少ないです。

逆にBさんの場合はどうでしょう?話を聞いてもらった人は、自分に興味を持ってくれていると感じ、後から連絡がかかってくるケースも少なくないはずです。話を聞くことで気持ちを理解しようとしてくれている、と思ってもらえるためです。気持ちを理解しようとしてくれている人と繋がりを持ちたいと思うものですし、相手のことも理解したい、知りたいとなってきます。

人と深く関わる、人から興味を持ってもらえることが恋愛を成功させる上で重要なことです。それに繋がるコミュニケーション能力を恋愛カウンセリングの中で得ることができるのです。

2.気づきを得る能力

コミュニケーション能力を高めるためには、相手の望んでいることに気づくことが大切です。相手が何を望んでいるのかに気づくことができないと、一方的なやり取りになってしまい、親密な関係に発展することはありません。

気づくという行為は、訓練を重ねていくことで習得していくことができます。恋愛カウンセリングを受けると、カウンセラーから多くの問いかけをされることになります。その問いかけに対して考えていく中で、多くの気づきを得ることができます。

そして、カウンセラーからの問いかけの「なぜ?」という視点を、自分自身の客観的視点として捉えることができるようになると、相手のしぐさや発言の中に「なぜ?」を見出し気づくことができるようになるのです。

気づくことができれば、そこからのコミュニケーションは簡単ですよね。結果として相手を気持ちよくすることができ、より親密な関係に発展していくでしょう。

3.空気を読める能力

コミュニケーション能力や気づきを得る能力が備わっているということは、ベクトルを相手に向けることができていると言えます。ベクトルが自分に向いてしまうと、自分の事や自分の欲求を相手に伝えてしまい、気がつくと気まずい雰囲気になっているということがあります。

これは、1つ1つの発言をする際に相手がどう感じているかを気にせずに話してしまった事によって、相手が引いてしまっていたり興味を失ってしまっていたりすることが原因となっています。

相手にベクトルが向いた状態で話をしていれば、仮に相手が興味がない話になってしまった場合でも、すぐに気づき話題を変えたりすることができます。

空気を読める能力は相手のことを考える、思いやる気持ちの延長線上で育っていきます。恋愛カウンセリングでは相手のことをとことん考えますので、その中で空気を読める能力も育ちやすいですね。

まとめ

リ・ハートの電話カウンセリング

恋愛カウンセリングで得られる3つの能力について説明してきましたが、いかがでしたか?

今回挙げた3つの能力は、恋愛だけでなく一般的な人間関係でも重宝する能力です。恋愛カウンセリングの特徴は、自分自身を見つめ直しながら相手のことを考えることです。相手があることなので難しい側面がありますが、その分ワクワクする事も多いです。

恋愛カウンセリングを受けることによって、人生が大きく変わったという人も少なくありません。もし、恋愛が上手くいかないことに悩んでいるのであれば、一度カウンセリングを検討してみると良いと思います。リ・ハートでも電話カウンセリングで対応していますので、気になる人は是非お気軽にお問い合わせください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ