12月が好きな人or嫌いな人

12月と言えばクリスマスだが・・・

12月はイベントが多いような気がするかもしれません。心躍る、もしくは憂鬱な人もいるでしょう。しかし、12月のイベントというと、クリスマスと大晦日くらいなんですよね。そんなにイベントが多いわけでもないのに、日々忙しく感じる、そして焦りを感じる方が多いのです。

なぜ、このようになってしまうのでしょうか?それは、環境に急かされているからです。12月になるとネオンが綺麗になりますよね。いたるところでクリスマスツリーを綺麗に飾ったライトアップがされています。更には夜景をライトアップしたイベントも多いです。こういったものに12月の日々の生活の中で接している、それが自然とクリスマスを意識させるものになるのです。

 

12月が好きな人との嫌いな人の違い

12月が好きな人と嫌いな人は、やはりクリスマスにまつわるものの違いによって生じています。脳は勝手に連想しますからね。例えば、仕事帰りにライトアップされた商店街を通った時、半年前に別れた彼のことを思い出したりします。

もっと根本的な部分では、子供の時のクリスマスがどうだったかによって、12月が好きか嫌いかが決まります。何か特定の出来事というよりも、何かウキウキする、何か虚しくなる、などの理由のない感情が沸き上がってくるときに、無意識的の中で思い出されているのです。

この過去の出来事を受け入れて、そして別の側面に気づくと、12月に対するネガティブな感情がなくなります。

 

12月が楽しいと翌年も楽しくなります!

12月は1年の終わりです。終わりから次のスタートへサイクルしていく過程で、終わりがどうであったかが非常に重要になります。「終わりよければ全てよし」とありますが、次のスタートが良いスタートが切れるという意味合いもあるのではないか、と思います。

時間は区切っても区切らなくても勝手に進みます。もし、今の時間の流れに不満があるのであれば、自分で意識して区切ってみるのも1つの方法です。そしてその時期が今なのです。年が変われば何か変わるだろう、確かにそれもありますが、年が変わって何かが変わることを意識する、そのために自分で区切りを入れてみるのも良いかもしれません。

 

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP