電話カウンセリングで引き出せるもの

カウンセリングは基本的に対面カウンセリングが最も効果的です。しかし、様々な事情で電話カウンセリングを選択する方もいます。

電話カウンセリングのメリットは、自宅に居てもカウンセリングを受けることができる、カウンセラーと顔を合わせる必要がない、という点が挙げられますが、効果の面でのメリットはなかなか思い浮かばないかもしれません。

メリットが思い浮かばない時には、デメリットでないものを探す、というのがカウンセラーの考え方ですので、その視点でお話をしたいと思います。電話カウンセリングでは、声や話すペースなどによって、問題箇所を把握していきます。

例えば声のトーンが下がった、話のペースが早くなった、質問への間合いが長くなった、歯切れが悪くなった、などがあります。こういったことは声によって判断するものですので、電話カウンセリングでも全く問題ありません。

そして、電話カウンセリングでは相談者があまり緊張しない、という点があります。緊張しない分、心を開いて話をすることができるのです。メリットが思い浮かばないと言いましたが、書いていくと出てくるものですね。これは電話カウンセリングのメリットと言えます。

カウンセリングではラポール形成が重要と以前の記事で書きましたが、対面だとハードルが高くなるというケースがあります。目に見えないものは疑いようがない、と言っても良いかもしれません。

しかし、電話カウンセリングの場合は、傾聴スキルや抑揚、間合いなど高度な技術がカウンセラーに求められます。そういったものがあれば、電話カウンセリングだからこそ、短時間で心の声を引き出せるというケースが発生するのです。

対面が苦手な方は無理に対面にする必要はありません。また、信頼関係が構築された上で、対面カウンセリングに切り替えても問題ありません。状況によって最適な選択をすることが、より効果的なカウンセリングに繋がります。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP