電話カウンセリングでスッキリする時

電話カウンセリングは、スッキリする時とそうでない時がはっきりと分かれます。これはカウンセラーの共感を示すツールが、声と相槌のみだからです。

カウンセリングの時に、共感してくれていると感じることが、安心感に繋がり心の中に溜まっているものを吐き出すことができます。そして、スッキリすることができます。

言い方を変えると、共感してもらえていないと感じると、心の中に溜まっているものを吐き出すことはできません。もともと、人に言いにくいことをカウンセラーに話すケースが多いです。

それなのに共感してくれていないとなると、気持ち悪くなってしまうんですよね。つまり、気持ち悪さを感じた時には、カウンセリングを中断した方が良いです。

冒頭でも述べたように、電話カウンセリングはこの共感していることを表現するのが難しいです。正確に言うと伝わりにくいという方が正しいかもしれません。対面であれば、見た目や仕草等も含まれますので、雰囲気で共感してもらえていると感じることもあります。

手軽に出来る電話カウンセリングではありますが、なかなか自分に合ったカウンセラーがいないと悩んでいる方は、電話カウンセリングを利用している人が多いですね。共感を声と相槌で示すことが出来るカウンセラーがまだまだ少ないのかもしれません。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP