距離感が恋愛の積極性に関係する?

まずは物理的な距離感から

人と話をする時の距離が近い人、もしくは遠い人というのがあります。この距離が近い、遠いというのは何を基準にしているのでしょうか?実際には明確な基準なんてものはありません。強いて言えば、自分自身の中に基準があります。圧迫感を感じる時には近すぎていて、他人行儀、よそよそしいと感じる時には遠すぎるといった感じです。

これは、自分の中でのエリアがあり、そのエリアに入るかどうかのラインが近すぎず遠すぎずで、エリア内に入ってくると近い、エリアから随分と離れていると遠い、となります。これはあくまでぶ地理的な面です。ここから、心理的な部分に入りますね。

 

このエリアに入ってきやすいかどうか

相手が自分のエリアに入ってきた時に2通りの感情が湧きます。1つは圧迫感ですがもう1つはドキドキです。つまり、好きな人や気になっている人がエリアに入ってくると、「この人は自分に気があるんじゃないか」と思うのです。希望的観測も含めて、無意識的にそう感じます。

ということは、この自分のエリアが狭い人は、どれだけ相手が近づいてきてもドキドキしませんし、他人行儀なままです。逆にエリアが広いとドキドキしやすいですし、仲良くなるケースが多いです。ただ、このエリアの広さというのは、1メートル程度の話です。自分が広いか狭いかを見極めるのも大変かもしれません。

 

自分の感情に素直になると分かりやすい

自分が圧迫感を感じることがあるか、もしくは異性と会話する時にドキドキすることがあるか、というのが1つの目安になります。これがあれば問題ないですが、いずれも全くないということであれば、エリアが狭いかもしれません。もし、疎外感を感じている、人とのコミュニケーションが苦手、積極的な恋愛ができない、という場合には自分のエリアを広げることが大切です。

エリアを広げるためにはカウンセリングを受けるという手段がありますが、まずは自分のエリアを意識することから始めてくださいね。その中で何かに気づくことがあれば一気に改善するかもしれませんよ。

 

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP