自分探しは家でもできる!

サッカーの元日本代表の中田英寿氏が発した「自分探しの旅」。この言葉が流行し、実際に「自分探しの旅」に出かける人がいます。その行動力はすごいことですし、いろいろな国や地域での出来事が、成長させてくれることもあるでしょう。

しかし、そもそも「自分探しの旅」とは何なのでしょうか?中田英寿氏に聞いたわけではありませんので真意は分かりませんが、この言葉は心境を語っているものです。つまり、「自分探しをしたい、そのために自分は旅をしよう」ということです。

こう考えると、単純に「目的」と「目的を達成するための行動」を考えた結果が集約された言葉というだけです。

「自分探しをしたい」と思った時に、それを行うために自分が何をしたらいいか、自分が出したものが答えです。自分探しのために毎晩1時間本を読もう、これだと「自分探しの読書」ということになりますよね。それでいいのです。

逆に、「自分探しの旅」にとらわれてしまうと、「旅ができない」ことで自分探しができないと思い込んでしまうこともあります。自分ができないことを考えるよりも、1つの手段が旅であると考えると、自分に合った手段に焦点を当てることができます。

自分に出来る範囲で最善の方法を考えること、そして自分に合った方法で行うことで、その過程がすでに「自分探し」になっているとも言えるのです。

周りにとらわれず、自分なりの考え、行動を行うことが、結果的に自分らしく生きることに繋がります。こういった思考は、カウンセリングを受ける中で自然と身についていくことでしょう。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP