自分らしく生きるための「気づきの泉」

いきなり結論を言うと、自分らしく生きるための「気づきの泉」とはカウンセリングの事です。

自分らしく生きることができていない、最近何をやっても上手くいかない、今の歩みをそのまま続けて大丈夫だろうか、など感じた時にふと立ち寄ってもらいたい、澄んだ泉に向かって心の中にあるものを吐き出し、心の目で泉を見つめる。

すると、モヤモヤに対する本質的な問題に気づくことができます。

こうやって書くと抽象的なもののように思えてしまうかもしれませんが、そもそもカウンセリング自体が目に見えるものではありません。イメージが重要なのです。

カウンセリングを「気づきの泉」と考えると、ちょっと疲れた時に立ち寄ってみようとなるはずです。実際にはそういうものとしてカウンセリングを捉えると、有効活用してもらいやすいですね。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP