聴く技術がカウンセラーの生命線

カウンセラーはどういった仕事か、といった場合に「気づきを与える仕事」「心のモヤモヤを解消する仕事」「自分を見つめ直すサポートをする仕事」など、いろいろと表現することができます。

これは各々のカウンセラーが最も大切にしている部分、つまりフォーカスしている部分からの表現となるわけですが、もっと根本的な部分、不変なこととして「聴く仕事」という表現ができます。これがカウンセラーのして基本であり、最も大切な仕事です。

私が意識していることとして「聴くこと」と「聴き出すこと」があります。まずは、相談者の話をありのまま聴きます。この時に2つのことに注目しています。

それは「自分のことをどれだけ見つめている状態にあるか」ということと「キーワードは何なのか」ということです。つまり、聴くことで聞き出すことの準備をしているのです。つまり、聴くことがベースにあることを意識して行っています。

これは私の場合であって、カウンセリングで聴くことが仕事という本来の意味は別の部分にあります。相談者の話を聴くことで、相談者が心を整理していくというものです。

しかし、話を聴くというのは簡単なようでなかなか難しいものです。「本当に話を聴いていますか?」と再度尋ねられるとどうでしょう。多くの場面で返答に困ってしまうと思います。カウンセラーも工夫をしながら聴くことを行っていかないと、本当の意味で話を聴いていると思えないのです。

そして、私の中で大切にしている感覚が「心の話は聴き、出来事の話は聴かない」というものです。正確にいうと「心の話は聴く、出来事の話は聞く」ですね。ここに心の目を利用した聴き方が存在しています。

難しい感覚の話になっていきますので、ここまでにしたいと思いますが、カウンセラーは各々聴く技術を磨いている、ということだけ認識しておいてください。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP