答えは自分の中にある、とつぶやく

日本人の特性として、答えを欲しているというのがあります。これには2通りあり、1つは白黒はっきりさせたい、もう1つは答えを与えてくれるのを待っている、というものです。今回の話は後者ですね。

答えを与えてくれるのを待っている、というのは日本の文化がそうさせていると言えます。義務教育では皆同じ勉強をし「テストに出るぞ」と言われれば暗記します。

言われた通りに行っていれば、良い高校に行くことができ、そして一流大学に入学することができます。更には、就職した後も上司の指示通りの行動すると評価が高くなります。

そして自分が出世し上司になった時にも、更に上の上司からの指示を部下に伝えるだけ、これが美徳のようになっています。

否定的な書き方をしましたが、決して悪いことではありません。調子が良い時はそれでどんどん成長していきますし、人間関係などのトラブルも少ないでしょう。

しかし、問題なのは調子が悪くなった時です。自分で打開できないんですよね。もっというと打開しようとする人間がいないということです。

今、こういったところがやっと変わってきつつあります。しかし、変化には悩みもつきものです。その中で精神的にきつい状況に陥ってしまう方も増えています。

心療内科やカウンセリングで対処することになりますが、基本的なスタンスは、「答えは自分の中にある」です。そう言われても見つからない、しんどいと感じてしまう方は、今は答えを探す時ではないかもしれません。

抵抗がなくなった時に、「答えは自分の中にある」とつぶやくようにすると、見えていなかったものが見えてくるかもしれません。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP