真剣に結婚を意識すると加速する?

結婚について真剣に考えたのは19歳です

私が結婚したのは22歳の時ですが、後から考えると早く結婚する流れはすでに19歳の時にできていたように思います。19歳の時に何があったかというと、8歳年上の彼女がいて、結婚について真剣に考えたんですよね。私が22歳の時、彼女は30歳、結婚するタイミングはここなんだろうなと。まだ、大学生だったので、卒業と同時になるんだろうと。

そこで、一番真剣に考えたのは、大学を卒業してすぐに結婚、それでいいのか?ということでした。

 

結論は「まだ早い」でした

私が当時出した答えは、社会人として3年経った25歳の時に結婚したい、ということでした。となると、そのまま付き合うことはお互いにとって良くない、彼女の結婚願望が強かったので、それまで待ってくれというのは負担が大きい、と感じました。当時はよくわかっていなかったのですが、この負担というのは「私にとって」だったんですよね。結婚願望が強い彼女の気持ちを6年間も受け止めながら待ってもらう、それに私が耐えられない、そう思ったのでしょう。表向きは「彼女のことを考えて」でしたが、それは綺麗事だったのです。

 

この時の22歳が結果的に・・・

そうなんです、結果的に22歳で結婚したんですよね。なぜそうなったかは想像にお任せしますが、一度真剣に結婚について考えたことで、結婚が身近なものになっていたように思います。結婚との距離がぐっと近づいた、とでも表現しましょうか。

結婚したいとずっと思っているけどできない、という方もいると思います。真剣に考えてるよ、という方もいるでしょう。私が結婚について真剣に考えたのは、結婚後の生活です。最初の25歳というのも結婚後の生活から逆算したものでした。ただ、その時の彼女と夫婦のイメージができなかった、という面もあります。どういった家庭を築きたいか、というのもありますが、最も大切なのは夫婦のイメージです。どんな夫婦を思い描けるかですね。そして、その思い描いた夫婦像に、目の前にパートナー候補がいるのであれば、一致するのかどうかです。

簡単に言うと、目の前のパートナーとの未来が描けるかどうかですね。パートナーとの未来が描けない場合は別のパートナーを探した方がいいかもしれません。もし、パートナーとの未来というもの自体が描けないのであれば、自分自身の結婚に対する想いを見つめ直すことが必要かもしれません。そのサポートとしてのカウンセリングも行っていますので、悩んでいらっしゃる方は気軽にお問い合わせくださいね。

 

※この話はノンフィクションですが、書ける範囲で書いていること、ご了承くださいm(_)m

 

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP