気づき力を高めるためのメンタルカウンセリング

気づき力とは何か?

私は「意識する・気づく・行動する」というCNAサイクルを提唱しています。詳しくは「代表挨拶」をご確認くださいね。簡単に説明すると、私の考える気づき力とは、「意識することで得られるもので、行動するための原動力になるもの」となります。

つまり、CNAサイクルの中で最も重要なものが気づき力と言えます。但し、気づきましょうといってもなかなか気づきを得ることは難しいですよね。それはなぜかというと、意識することができていなかったり、意識するポイントがずれていたりするためです。

意識すると気づく、この過程がスムーズにいくようになれば、自然と行動を起こすことができますよ、という考え方です。人間の心理は複雑なようでシンプルなものです。シンプルな考え方をベースに持つと、ものごとを分析するときに役立つでしょう。

 

メンタルカウンセリングが気づき力を高める理由

メンタルカウンセリングは、自分自身を見つめ直し、多くの気づきを得ることで心がスッキリとしていくものです。ではメンタルカウンセリングで、なぜ気づくのでしょうか?

「自分を見つめ直すから」という回答だと、多分多くの方が納得しないでしょう(笑)「自分を見つめ直してなぜ気づくの?」となるためです。もしくは「自分を見つめ直すってどういうことなの?」ともなるでしょう。

では、もう少し掘り下げて考えていきましょう。上記で「意識すると気づく」と説明したかと思います。「意識すると気づく」=「自分を見つめ直すと気づく」ということは、「意識する」=「自分を見つめ直す」となります。これは数学の「証明」と同じです(笑)

これをまとめると、「自分を見つめ直すというのは、自分自身に意識を向けること」となるわけです。何となく分かりやすくなりましたよね。そして、気づきを得ていく中で気づき力が高まります。意識することに慣れてくるためです。

この過程をサポートしているのがメンタルカウンセリングです。自分自身で行っている方もいますが、モヤモヤしたものがある方は、気づき力がないことに気づいていない、もしくは気づいていないふりをしています。思いきって一歩踏み出すと、楽になるかもしれません。

 

気づき力が身につくと多くのメリットがあります

気づき力は、自分自身を見つめ直す以外にも、利用用途はたくさんあります。例えば、仕事においてアイディアが多い方、引き出しが多い方は、この気づき力が高い人だと言えます。一言で言うと、気づいたことがアイディアに繋がり、引き出しになっているのです。

仕事で行き詰まった方も、この気づき力を磨くと一気に開花するかもしれません。特に十分に知識や経験があるのに上手くいかないという方は、気づき力で化ける可能性が高いですね。

もちろん、人間関係などでも気づき力は必要な能力です。気になる方は気軽にお問い合わせくださいね。

 

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP