気づきが大切な理由を改めて書いてみた

カウンセリングの効果は気づくこと

「カウンセリングとは気づきを与えるものだ」という定義があります。気づきを与えるためにどうするか?というと、クライエントの話に耳を傾け聴きます。いわゆる傾聴ですね。

気づきを得るのはクライエント自身の力ですので、実際には気づきを得やすい場を提供していると言った方がイメージしやすいかもしれません。

カウンセリングを受けて効果がなかった、という感想を持っている方の感想で最も多いのが、「カウンセラーはただ聞いているだけだった」というものです。

不思議ですよね、カウンセラーは「聴いている」のにクライエントは「聞いている」だけだったと不満に思う。もう気づいている方が多いと思いますが、「聴く」と「聞く」になっていますよね。

これは変換ミスではなく、カウンセラーは「耳を傾けて寄り添って聴いている」つもりでいても、クライエントは「ただ聞いているだけ」という認識になっているのです。つまり、クライエントにとって、それはカウンセリングではなかったのです。

そして、この違いが何をもたらすのか?というのが、気づきがあるかどうかです。

 

なぜ気づくのか

「耳を傾けて寄り添って聴く」という傾聴には、「本当の気持ちに向き合うのに抵抗がある時、一緒に向き合うので安心してくださいね」という意味があります。

つまり、悩みを抱えている方は、本当の気持ちに向き合えていないのです。まずは、傾聴によってこのことに気づきます。

カウンセリングで気づくのは、安心感があるからです。自分の本当の気持ちと向き合うのは、誰でも怖いものです。そして、気づくことを恐れてもいます。

「今の自分を否定するようなものがあったらどうしよう」といった思考が、知らず知らずのうちに、本当の気持ちを見ないようにして、社会に適応しようとしているのです。

 

気づくことで行動できる

気づくことで行動を起こすことができます。気づいていない状態の時は、モヤモヤしているものがあり、頭で考える、もしくは考えるのも嫌になり何もしなくなる、というサイクルに入ります。

しかし、1つ気づくとまず変わるのが、「行動したくなる」ことです。気づくとワクワクする気持ちが芽生え、気づいたことを試してみたくなるのです。この積み重ねで、どんどん行動できるようになります。

 

あとがき

カウンセリングの中で気づきを得るためには、安心感が必要と書きましたが、それと同時に意識することも大切です。しかし、この意識することが苦手な方が多いのが現状です。

私がカウンセリングを行う中でも、最初の数回のセッションでは、ヒントとなるキーワードを出したりして、気づきを得やすい環境をつくるようにしています。そして、気づきを得る中で意識の仕方も分かってくる、そうなってくるとどんどん気づくようになります。

ここには、気づきを得ることができたという成功体験から得た、「自信」が大きく関わっているのです。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP