毎年桜の蕾を見て思う

カウンセリングをするようになって、毎年3月には桜の蕾を見るようになった。なぜだろう、心動くのは満開の桜ではなく蕾。もしかすると蕾に対して自分自身の状態を重ね合わせているのかもしれない。

早く満開にしたいと思う一方、この蕾の状態が一番楽しいのかもしれないという気持ちもある。蕾はいつ花開くか、そして満開になるかという楽しみがあるが、満開になってしまうと後は散るのみ。そしていつの間にか忘れ去られていき、次の満開の桜に上書き保存される。

どのように生きてどのように散るか、その象徴が桜であり、今の自分に重なるステージが蕾なのだろう。次のステージを決めるのは自分。自分が花開いたと思えばそうだし、満開だと思えばそうなる。ずっと蕾だと思っていれば生涯蕾でもいられる。

もう5年待ってみよう。花開いているのか、それとも満開か、それとも散っているか・・・。今と変わらず蕾のままかもしれない。考えるだけで少し楽しみになってきた。さあ、まずは今を一生懸命生きよう!

お試しカウンセリング実施中!

カウンセリング予約

通常の電話カウンセリングは完全予約制となっていますので、まずはこちらのフォームよりお申し込みください。

↓↓↓お試しカウンセリング実施中です↓↓↓

まずは一歩踏み出しましょう!自分らしく生きるためのカウンセリングを致します♪

スマートフォン・携帯電話に情報を送る

PAGE TOP