懐かしむ数だけ年をとる

手を繋いで歩いている10代のカップルを見ると、「青春だな〜」「20年前はあんなことしてたな〜」とか思うことがあるかもしれない。その瞬間に年をとっていることになる。

懐かしむということは、それだけの年月を過ごしてきたということを脳に再認識させてしまう行為と言える。つまり、20年前は〜と思った瞬間に20年以上生きてきたことを脳が再認識し、どっと年をとった感じがしてしまうのだ。

じゃあ、どう思ったら良いのか・・・。こういうのはどうだろうか?「良いな〜青春だな〜、そうだ、今週の日曜日は久しぶりに嫁(旦那)と手を繋いでデートしてみよっかな、どこに連れて行こう♡」

この瞬間に、青春時代の延長線上にいることになるので、もしかすると若返るかもしれない。何かしらの理由で配偶者がいない方は、再度チャレンジしても良いかもしれない。

別に恋だけが青春じゃない。スポーツでもサークルでも旅行でも何でも良い。青春時代の延長線上に身と心をおいてみると、人生楽しめるような気がする。

お試しカウンセリング実施中!

カウンセリング予約

通常の電話カウンセリングは完全予約制となっていますので、まずはこちらのフォームよりお申し込みください。

↓↓↓お試しカウンセリング実施中です↓↓↓

まずは一歩踏み出しましょう!自分らしく生きるためのカウンセリングを致します♪

スマートフォン・携帯電話に情報を送る

PAGE TOP