愚痴聞きサービスで遠慮は必要ありません

愚痴聞きサービスを利用する際に、自分の状況をカウンセラーやリスティングスタッフに理解してもらおうと、話を整理して伝えようとする方がいます。愚痴聞きサービスでは、カウンセラーやリスティングスタッフが話を正確に理解する必要はありません。カウンセラーであれば、心の目でサービス利用者の状況を把握することができますし、仮に状況を把握することができなくても傾聴を用いて話を聴くことはできます。

愚痴聞きサービスは電話で行うケースが多いですが、自分が感じている不満やイライラをおもいっきり聞き手にぶつけるようにしましょう。こんなことを話すと自分が変な人と思われるかもしれない、無意識のうちに自分自身を制御してしまっている人もいると思います。制御してしまうと愚痴聞きサービスの効果が薄れてしまいます。

愚痴聞きサービスでは、聞き手に伝えるのではなく、自分自身の心の声を吐き出すことが大切です。自分勝手でいいのです。自分勝手に話して、勝手に納得して、そしてスッキリする、その環境をつくるのが聞き手、愚痴聞きカウンセラーの役割なのです。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP