愚痴聞きは応急処置的なイメージで

愚痴聞きは、問題の本質に対してのアプローチではなく、今問題になっていることを吐き出してスッキリする、吐き出して頭の中が整理されることでスッキリするサービスです。

これはどういったイメージをすると良いかというと、応急処置です。応急処置を行ってその後本格的な治療が必要なケースもあれば、応急処置だけで終わる軽い怪我もありますよね。愚痴聞きにもそういったイメージを照らし合わせると、自分自身の状況が把握しやすくなります。

例えば、愚痴聞きサービスを利用して一応スッキリはしたが、すぐにまた愚痴を聞いてもらいたくなる、こういった感じであると、応急処置では対処しきれていない、ということになります。本質を改善していく必要がありますので、カウンセリングを検討した方が良いでしょう。

しかし、愚痴聞きサービスを利用し、その時に起こった出来事に対する感情を整理することができ、それでスッキリ解決した、ということであれば、それ以上は必要ありません。応急処置の対処で完了したということですね。

もし、自分自信で分からない時には、私が行っているメンタルガイダンスを利用してくださいね。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP