愚痴聞きは心の悩みと向き合わないもの

カウンセリングと愚痴聞きの違いを述べたことがありましたが、最も大きな違いを一言でいうと心の悩みと向き合うかどうかです。カウンセリングは状況によってになりますが、最終的には向き合うことになります。

愚痴聞きはその言葉のイメージからも分かるように、吐き出すものです。つまり、自分の中にあるものを吐き出し、捨ててしまうのです。捨ててしまうということは、自分の中になくなってしまいますので、向き合うもの自体が存在しなくなります。

こういったことをイメージしてカウンセリングや愚痴聞きを利用すると、各々のサービスを最大限に有効活用することができるでしょう。これはサービスの優劣をつけるものではなく、サービスの内容の違いです。

どちらのサービスが適しているのか、ということもありますし、どちらのサービスの方が自分自身に向いているか、ということもあります。自分自身の状況、性格によってどういったサービスが適しているかが分からない時には、気軽にメンタルガイダンスをご利用くださいね。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP