愚痴聞きは傾聴スキルが大切

愚痴聞きは話を一方的に聞いてあげること、愚痴を吐き出すことで話し手がスッキリすること、ですが、ただ聞けば良いというものではありません。いくら聞いてあげたつもりでも、話し手が聞いてもらっている気がしないと意味がありません。

ここで重要なのが傾聴スキルです。これはカウンセラーが基本的技能の1つとして身につけているものです。

皆さんも家族や友人の愚痴を聞いてあげることがありませんか?そして、最初は良いのですが、どんどんしんどくなる、うんざりするという経験をされたことはありませんか?これは、ある意味傾聴スキルが不足しているからと言えます。

カウンセラーではないのだから傾聴スキルは必要ない、と思われるかもしれません。しかし、傾聴スキルがあると愚痴聞きがしんどくなくなります。つまり、日常生活や仕事において、快適な状態を保つことにも繋がるのです。

傾聴スキルがあると、なぜ愚痴聞きがしんどくなくなるかというと、1つ目は単純に愚痴を聞く時間が短くなることです。愚痴をしっかりと聞いてもらうことで、話し手が早くスッキリします。結果、愚痴聞きの時間が短くなり、しんどくなくなります。

もう1つは「話し手と意見をぶつけ合わなくなる」ことです。愚痴を聞いているうちに自分の意見を相手にぶつけてしまい、その結果口論になることがあると思います。これが傾聴スキルを身につけるとなくなります。

このように傾聴スキルは、快適な日常生活を送るにおいて大切なスキルと言えます。興味を持たれた方は、傾聴を学ぶセミナーに参加すると学ぶことができますが、まずは実際に愚痴聞きサービスを利用して、傾聴を体験されるのも良いかもしれません。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP