愚痴聞きはカウンセリングの入口ではない?

カウンセリングよりも簡単なサービス、それが愚痴聞きという認識をしていませんか?料金も安く設定されていることが多いため、気軽に利用できるってことで利用している人も多いと思います。また、カウンセリングを受ける程のことではないから愚痴聞きを利用する、というのもあるでしょう。

愚痴聞きサービスがなぜカウンセリングよりも安いのか、それは聞き手(カウンセラーやリスニングスタッフ)はただ共感しながら話し手の話を聞くだけだからです。その先にあるものを、聞き手はカウンセリングでは意識しますが、愚痴聞きでは意識しません。ここに料金の違いがあるのです。

愚痴聞きでもスッキリする時は、心の中に溜まっているものを吐き出しきった時や、心の中を整理できた時です。そして気づきを得るとより効果が高まります。この作用はカウンセリングで得たいことと変わりませんよね。

つまり、気づきを得るためのサポート有がカウンセリングで、サポート無が愚痴聞きとイメージすると分かりやすいかもしれません。

愚痴聞きサービスでの口コミでクレームはあまり見かけませんが、実際にスッキリしていない人も多いと思います。その場合はカウンセリングを利用することをお勧めします。

愚痴聞きでスッキリしないということは、自分自身で気づきを得ることができないからです。つまり、本来は愚痴聞きからカウンセリングではなく、カウンセリングから愚痴聞きという流れで利用する方が、各々のサービスの効果を実感しやすくなるということです。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP