愚痴聞きでスッキリするケースは?

愚痴聞きとカウンセリング、使い分けに悩む方も多いのではないでしょうか?ただ単に値段が安いから愚痴聞き、と判断される方もいると思います。これはサービスが根付いていない証拠であり、愚痴聞きサービス自体最近目にすることが多くなったものですので、仕方ない面もあります。しかし、適切なサービスを選択しないと愚痴やモヤモヤが更に増えてしまう結果になるかもしれません。

愚痴聞きサービスでスッキリするケースは、簡単に言うと「表面上の問題を整理したい時」です。特定の事柄に関して、自分がとった行動や発言がどうだったか?そして相手のとった行動や発言はどういった意図があったのか?を客観的に整理する場なのです。

以前の記事、「愚痴聞きサービスでスッキリする理由」で、愚痴を聞いてもらうことでスッキリするメカニズムは説明しましたが、どういったケースが適しているかというと、やはり「人間関係のトラブル」です。トラブルになった状況を整理し、そして納得できて初めてスッキリします。

しかし、人間関係のトラブルでも、「なぜ上手くいかないのか」にフォーカスすると、愚痴聞きでは意味がありません。自分自身を見つめ直す必要があるためです。また、どう対処しても結果が変わることがないこと、例えば「ギャンブルで負けた」などは、愚痴聞きサービスで愚痴ってもスッキリしないでしょう。ギャンブルにのめり込む自分と向き合うのであれば、これはカウンセリングですね。

どういったサービスが適しているのか分からない方は、下の無料メンタルガイダンスをご利用ください。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP