愚痴聞きでもカウンセリングでも構わない

愚痴聞きとカウンセリングには違いがあると述べてきましたが、どちらでも構わないケースもあります。というのも、カウンセリングが入口が愚痴聞きになることもあるためです。本来は違いますが結果的にという感じですね。

つまり、自分の中にあるモヤモヤを聞き手に吐き出すことで落ち着きを取り戻し、そこから自分自身を見つめ直すカウンセリングに入っていく、こういった流れですね。この場合は、聞き手がカウンセラーでないと難しいですが。

自分の状態に最適なサービスを受けることが大切ですが、まずは心の中に溜まっているものを吐き出さないことには、どうにもならないケースもあります。吐き出した後に何が残るかですね。

そこでスッキリしたのであれば愚痴聞きで、気持ちは楽になったけども根本的な改善が必要、と感じた時にはカウンセリングですね。難しく考えずにまずは吐き出しましょう。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP