愚痴を吐き出した後が大切

突然ですが、愚痴を吐き出した時にスッキリする時とスッキリしない時がありませんか?同じように愚痴を誰かに聞いてもらって吐き出すことができても、なぜかスッキリしないというちょっと不思議な体験です。

ここにはいろいろな要因がありますが、最も多いのが愚痴を吐き出したのに、また自分のところに返ってきているパターンです。これは身近な人に聞いてもらったケースで発生しやすいです。

なぜかというと、愚痴を吐き出した後に解決策を考えようとしてしまうからです。身近な人に吐き出した場合に、自分の状況をよく知ってくれているケースがあります。その時に、聞いてもらった相手からのアドバイスがあったりします。

もしくはなかったとしても、アドバイスを求める気持ちが生じることもあります。こうなると、せっかく愚痴を吐き出したのに、またもとに戻してしまっています。その戻し方が強引なものであった時に、モヤモヤしたものが残ることになります。

実際にこの戻すのがカウンセリングです。しかし、カウンセリングの場合は強引に戻すのではなく、自然に自分にとって最適な形を見い出して戻します。これがカウンセラーの技術ですね。

愚痴聞きは身近な人で大丈夫、と思っていてもこういった理由からスッキリしないケースもあります。人生相談、お悩み相談になってしまう、というイメージがしっくりくるかもしれません。愚痴聞きもカウンセラーに行ってもらうのが安心といえば安心ですね。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP