恋愛カウンセリングはどんな人が受けるんだろう?

恋愛カウンセリングを受ける人というのは、基本的に恋愛が上手くいかない人、そういったイメージを持たれているのではないでしょうか?

それは確かに間違いではないのですが、恋愛の中で毎回同じようなことで悩む、という方がカウンセリングを受ける傾向にあります。ポイントは「毎回同じような」です。

つまり、恋愛経験は豊富であり、恋愛が上手くいかないのではないのです。恋愛の中での対人関係において問題がある、というのが正しい解釈ですね。

恋愛というのは、過去の出来事による問題を抱えている場合、つまりトラウマやコンプレックスがある場合ということですが、ダイレクトに現れやすくなります。

というのも、恋愛では対人関係が友人よりも近くなるためです。より家族に近くなるということですね。つまり、幼少期の家庭内の問題が最も現れやすいのが恋愛と言えるのです。

恋愛カウンセリングを受ける方の多くは、恋愛が上手くいかないのではなく、より近い対人関係が上手くいかないと言えます。実際に、親友と言える友人がいない、ということも恋愛カウンセリングを受ける要因にもなっています。相談できる相手がいませんので。

何が問題となっているのか、という点が分かるだけでも少しスッキリすることがあります。もし恋愛で毎回同じようなことで悩む方は、悩みの本質を見つめてみましょう。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP