心地よいものを探すカウンセリング

カウンセリングを希望する方の中に、何が正しいのか分からないという悩みの方がいます。情報社会と言われる現代では、簡単に多くの情報を収集することができます。

例えば、自分の病気についての知識は、医師や看護師よりも持っている、というケースだって珍しくありません。サービスを提供する側からすると非常にやりにくいですが。

しかし、いくら情報を収集し医療従事者以上の知識を得ても、自分で治すことはできませんよね。そこには、知識ではなく技術が必要なのです。となると、結果的に言えるのは、知識を習得する必要はあったのか、ということですね。

必要かどうかというと、実は必要なかったとなるのです。でも、不安な自分の心が情報を求めているため、どんどん情報収集してしまうという現象が起きます。

心の悩み、問題に関してはもっとややこしい場合があります。いろんな情報を収集しすぎて、どれが正しいのか分からない状態に陥ってしまうことです。

この時にどうするかというと、「自分が心地よいと感じる情報を実践する」ことです。心の問題には正解がないように、対処法に関しても正解がありません。自分にとって心地よいと感じたものが、自分にとっての正解なのです。

分からなくなってしまった時には、一度カウンセリングを受け、フラットな状態にすると良いかもしれません。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP