心の悩みに自己流の勉強は危険?

心の悩みを抱えた時に、本などによって解決の糸口を見つけようとする方がいます。最近ではカウンセリングや心理学の本だけではなく、自己啓発などの本も多いですよね。そして、セミナーも多く開催されています。

こういったツールを上手く活用すると、カウンセリングを受けなくても自己解決できるのではないか、と思っている方もいるでしょう。確かに自己解決できているケースもありますが、より問題を深くしてしまう人もいます。

なぜかというと、本やセミナーの解決方法は、あくまで世間一般に向けたものです。世間一般というと、みんなに該当するものと思われがちですが、それはあくまで「表面上」の話です。

人はそれぞれ別の人格になっており、同じ人間はいません。遺伝子も違えば育った環境も違う、現在の状況も違います。つまり、本質は1人1人違うと言えます。

自己流で本やセミナーで勉強すると、自分には適していない内容を、無理やり自分に当てはめようとしてしまうケースがあります。そうなると、自分の中に受け入れることができない異物を入れているようなものですので、余計に精神状態が不安定になります。

本やセミナーで良いと言われていることが自分にはできない、という更なる心の悩みが追加されてしまいます。

とはいえ、自己流で勉強することが悪いことではありません。自己理解を深めることにも繋がるためです。しかし、そのためにはカウンセリングやコーチングを受け、自分を見つめ直す経験を積んでいることが大切です。

カウンセリングは、その時の心の悩みを解決していくためだけではなく、自分を見つめ直す勉強をしていると捉えると、より効果的です。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP