値引き交渉が楽しくなるたった1つの思考

※この話は値引き交渉をしましょう、というものではありません。値引き交渉がしたいけどできない、買い物をした後にモヤモヤした気持ちが残る、という方のためのものです。

 

例えば家電製品を購入するために家電量販店に行ったとします。家電は比較的値引き交渉がしやすい商品ですよね。逆に、値引き交渉をせずに買い物をし、後日もっと安くなっているのを見て後悔するケースも多いのではないでしょうか?

後悔するぐらいなら、購入するときにせめて値引き交渉をすれば良かった、と思っても後の祭りですし、モヤモヤがスッキリすることもありません。その時に値引き交渉が出来るかどうか、それにかかっているのです。

では、値引き交渉はどうやったらできるのでしょうか?まず、値引き交渉に関して、マイナスのイメージを持っていないでしょうか?例えば、値引き交渉をするのは相手に悪い、嫌がられるのではないか、という感じですね。

ちなみに値引き交渉はプライドが許さない、という感じで、値引き交渉自体に対して良い印象がない方は、モヤモヤしないので大丈夫です。販売員に対して悪いことをしているという意識が、値引き交渉をためらわせ、したいけどできないという心理状態になってしまいます。

ここで大切なのは、値引き交渉をしても販売員にとってマイナス要素がないという事実を認識することです。なぜかというと、販売員は気持ちよく商品が売れればそれでいいからです。

例えば定価1万円のものが8千円で売れたとしても、給料に直接響くわけではありません。最終的に月間売上はあるかもしれませんが、それは、全体の話となるため1人のお客様云々ではないのです。

 

こういったことを踏まえて、1つの思考を紹介します。

 

販売員の成長のために値引き交渉をしている

 

どういうことかというと、値引き交渉にはセオリーがあります。まず、販売価格があり、その価格の値引き交渉をしますよね。最初に提示される値下げ価格は、交渉されたら提示するように言われている、セカンド販売価格です。

じゃあ、ここまでなら問題ないということ?と思うかもしれませんが、まだです。もう1段下までいくことが大切です。ここで渋って交渉すると、多くの場合にバックヤードに行きます。

店長なり上司に相談ですね。これが販売員の成長に繋がります。そして、その上で購入してもらうと、達成感があります。自分の交渉能力で売れたと。

繰り返しますが、販売員に迷惑、悪く思われるんじゃないか、というネガティブな考えがあるために値引き交渉ができません。販売員にとって値引き交渉がポジティブなものになる、という思考になると、全く抵抗はなくなりますよね。

周りの人がどう思っているかが気になる人が、気にならなくなるのは難しいです。であれば、周りの人がネガティブに感じるのではなくポジティブに感じている、そういった思考に切り替えると、随分と気持ちが楽になります。

ありのままの自分ツイッター

スマホに情報を送る

PAGE TOP